「登場人物」論

http://www.coara.or.jp/~dost/BT-2.gif
 


ドストエフスキーの小説の主要「登場人物」について論じた文章のうち、心ひかれた箇所を、 以下、リンクしたページに掲載します。
は、主人公格の登場人物。 〇は、主要な登場人物。


『カラマーゾフの兄弟』
ドミートリイ  
イヴァン(イワン)
アリョーシャ  
グルーシェンカ  
ゾシマ長老
フョードル  
大審問官

『罪と罰』
ラスコーリニコフ 
ソーニャ

『白痴』
ムイシュキン公爵  
ナスターシャ・フィリポヴナ
アグラーヤ 

『悪霊』
スタヴローギン(ニコライ) 
キリーロフ
シガリョフ

『未成年』
アルカージイ 

『地下室の手記』
わたし(手記者)  
  

 

 

http://www.coara.or.jp/~dost/BT-2.gif