おすすめの、「登場人物」論

http://www.coara.or.jp/~dost/BT-2.gif


(
「登場人物」論において、定評のあるドストエフスキー論書)

・『ドストエフスキー人物事典』(中村健之介著。朝日選書399。朝日新聞社1990年初版。)
ほぼ全小説の登場人物の解説と論。

・『ドストエフスキイ』(ウォルインスキー著。みすず書房1987年刊。)
『偉大なる憤怒の書―「悪霊」研究』(1904年。埴谷雄高訳、1959年刊。興風館で1942年刊。)
『カラマーゾフの王国―「カラマーゾフの兄弟」論』(1901年。川崎浹訳、1974年刊。)
『美の悲劇―「白痴」論』(1899年。大島かおり訳、1974年刊。)
の三書の合本。
『白痴』『悪霊』『カラ兄弟』の主要登場人物の論に多くを割いている。

・『ドストエフスキイ―近代精神超克の記録』(吉村善夫著。新教出版社1965年初版。1987年に復刊★。)
キリスト教神学の立場からの、五大長編と『貧しき人々』『虐げられし人々』の主要登場人物についての論。

・『ドストエフスキー―無神論の克服』(冷牟田幸子著。近代文芸社1988年初版★。)
各章で、五大長編の主要登場人物論も行なっている。

・『脱「虚体」論―現在に蘇るドストエフスキー』(川喜田八潮著。日本エディタスクール出版部1996年初版。)
ドストエフスキーの小説を、近代の人間の病理を鋭くえぐり、生きた生活者としての眼差しを示唆する文学と捉え、「悪霊」「カラマーゾフの兄弟」「白痴」「地下室の手記」の主要登場人物を批判的に論じている。

・『ドストエフスキー「罪と罰」の世界』(清水正著。創林社1986年刊・鳥影社1991年刊★。)
『罪と罰』に登場してくる登場人物の大半に言及し論じている。

・『ドストエフスキー・ノート―「罪と罰」の世界』(清水孝純著。九州大学出版会1981年初版。)★の中の「『罪と罰』に見る人間像」。
『罪と罰』に登場してくる登場人物の大半を論じている。

・『「悪霊」論―ドストエフスキーの作品世界』(清水正著。Д文学研究会1990年刊、鳥影社1990年刊★。)

『「悪霊」の謎―ドストエフスキー文学の深層』(清水正著。鳥影社1993年刊。)
以上の二書で、『悪霊』に登場してくる登場人物をほぼ網羅して論じている。

・『「カラマーゾフの兄弟」について』(本間三郎著。審美社1971年初版。)
『カラ兄弟』の登場人物の多くに言及し論じている。


(おすすめの、「主要登場人物」論の文章)

『罪と罰』

ラスコーリニコフ
・中村健之介「ラスコーリニコフ」
〔『ドストエフスキー人物事典』(朝日選書1990年初版)★の「罪と罰」の中の一項。p202p211。〕

・作田啓一「『罪と罰』について」
〔『ドストエフスキーの世界』(筑摩書房1988年初版)★の中の一項。p11p53。〕

ソーニャ
・吉村善夫「神の愛と義―マルメラードフおよびソーニャ論」
〔『ドストエフスキイ―近代精神超克の記録』(新教出版社1965年初版。1987年に復刊★。)p96p113。〕

スヴィドリガイロフ
・吉村善夫「罪と無道徳主義―スヴィドゥリガイロフ論」
〔『ドストエフスキイ―近代精神超克の記録』(新教出版社1965年初版。1987年に復刊★。)p82p92。〕


『白痴』

ムイシュキン公爵
・川喜田八潮著『脱「虚体」論』(日本エディタスクール出版部1996年初版)★のp128p143

・作田啓一「『白痴』について」
〔『ドストエフスキーの世界』(筑摩書房1988年初版)★の中の一項。p61p85。〕

ナスターシャ‐フィリポヴナ
・中村健之介「ナスターシャ」
〔『ドストエフスキー人物事典』(朝日選書1990年初版)★の「白痴」の中の一項。p269p274。〕

JM‐マリ著『ドストエフスキー』(1916年刊。山室静訳・アポロン社1960年初版。
1983
年に泰流社より新装版★。)p95p102

ロゴージン
・中村健之介「ロゴージン」
〔『ドストエフスキー人物事典』(朝日選書1990年初版)★の「白痴」の中の一項。p296p305。〕

・清水孝純「ロシアのファウスト―『悪霊』―」のp106p107
〔『道化の風景―ドストエフスキーを読む』(九州大学出版会1994年初版)★の中の第三章。〕


『悪霊』

スタヴローギン
・ウォルインスキー「仮面」
〔『偉大なる憤怒の書―「悪霊」研究』(埴谷雄高訳)p13p67(『ドストエフスキイ』(みすず書房1987年刊)★に所収。)

・中村健之介「スタヴローギン」
〔『ドストエフスキー人物事典』(朝日選書1990年初版)★の「悪鬼ども」の中の一項。p339p346。〕

・吉村善夫「カトリック主義―スタヴローギン論」
〔『ドストエフスキイ―近代精神超克の記録』(新教出版社1965年初版。1987年に復刊★。)p226p252。〕

・森有正「スタヴローギンの精神像」
〔『ドストエーフスキー覚書』(筑摩叢書。筑摩書房1967年刊。森有正全集巻8にも所収。)p60p95。〕

・清水孝純「ロシアのファウスト―『悪霊』―」
〔『道化の風景―ドストエフスキーを読む』(九州大学出版会1994年初版)★のp116p133。〕

キリーロフ
・カミュ「キリーロフ」
〔佐藤朔・白井浩司訳。『シーシュポスの神話』(新潮世界文学「カミュ(U))★の中の「不条理な創造」のp374p381。〕

ピョートル
・清水正「ワラウ悪魔・ピョートルの現代性」
〔『ドストエフスキーの暗号』(日本文芸社1994年刊)p127p164。〕


『カラマーゾフの兄弟』

ドミートリイ
・小林秀雄「「カラマゾフの兄弟」について」のp195p207
〔新訂「小林秀雄秀雄全集」第6(講談社1978年初版)★に所収。〕

・ウォルインスキー「ドミートリイ・カラマーゾフ」
〔『カラマーゾフの王国―「カラマーゾフの兄弟」論』(埴谷雄高訳)p75p95。『ドストエフスキイ』(みすず書房1987年刊)★に所収。)

イヴァン
・小林秀雄「「カラマゾフの兄弟」について」のp175p195。新訂「小林秀雄秀雄全集」第6(講談社1978年初版)★に所収。)

・中村健之介「イワン」
〔『ドストエフスキー人物事典』(朝日選書1990年初版)★の「カラマーゾフの兄弟」の中の一項。p420p427。〕

アリョーシャ
・本間三郎「アレクセイ・カラマーゾフ」
〔『「カラマーゾフの兄弟」について』(審美社1971年初版)p83p132。〕

グルーシェンカ
・中村健之介「グルーシェニカ」
〔『ドストエフスキー人物事典』(朝日選書1990年初版)
の「カラマーゾフの兄弟」の中の一項。p434p439。〕

カチェリーナ
・ウォルインスキー「「大いなる憤怒」の女」
〔『カラマーゾフの王国―「カラマーゾフの兄弟」論』(埴谷雄高訳)p36p54。『ドストエフスキイ』(みすず書房1987年刊)★に所収。)

ゾシマ長老
・本間三郎「長老ゾシマ」
〔『「カラマーゾフの兄弟」について』(審美社1971年初版)p133p169。〕

コーリャ‐クラソートキン
・森有正「コーリャ‐クラソートキン―『カラマーゾフの兄弟』の中の一挿話」
〔『ドストエーフスキー覚書』(筑摩叢書。筑摩書房1967年刊。森有正全集巻8にも所収。)p70p114。〕


http://www.coara.or.jp/~dost/BT-2.gif