ドストエフスキーの思想                         http://www.coara.or.jp/~dost/BT-2.gif  

   


     
                             ドストエフスキーの思想に関して、
                             これまでの古今のドストエフスキー論書の見方を参考にしつつ、私自身の見方も少々含めて、
                             下のような<項目>に分けて、私なりに、そのアウトラインをまとめてみました。
                             今後、さらに、項目を増やしたり、推敲・追加記入したりしていく予定です。 
                          

                                                 < 項目 >                 

                                
ドストエフスキー ― ポリフォニックな小説を通しての啓蒙的な宗教思想家
                      
                                ドストエフスキーの思想の根幹にあるもの ―― 「自由」「神」

                                  ドストエフスキーの小説における「人神思想」「神人思想」の系譜
              
                                ドストエフスキーにおける宗教思想(キリスト教)、ドストエフスキーは信仰の人であったかどうか

                                  「死せる生」から「生ける生(ジヴアヤ・ジーズニ)」へ、という思想

                                汎スラブ主義・土壌主義・ロシアメシアニズムを唱える者としての言論活動

                                  その他の、ドストエフスキーの独自の思想・物の見方・言論活動

                                その他
                                   ・ドストエフスキーの精神構造に影響を与えた出来事
                                   ・ドストエフスキーの思想的営為に影響を与えた思想家・文学者
                      
                                  ドストエフスキーの「文学・思想・生涯」の理解のためのキーワード一覧