http://www.coara.or.jp/~dost/BT-2.gif 


< その他のドストエフスキーの独自の思想・物の見方・言論活動 >


ドストエフスキーの独自の思想・物の見方・言論活動として、そのほかに、
        
・善悪・愛憎の双方を初め、「二重性」を合わせ持った人間というものに対する見方、
人間の好色性・情欲・性欲についての見方(トルストイに比べ、過度の禁欲性は廃する見方)
この世界のマイナス面(悲惨な出来事や苦しみ・悲しみ、など)に関する見方(理解)
・苦悩(苦痛)・絶望に対する見方、苦悩への愛苦悩を通しての自己(罪人)の浄化という思想、
・自意識過剰の人間の自意識過剰性についての観察・考察
・夢や人間の意識下への関心、
「死」についての見方、「時」が消えたこの世での(瞬間における)「永世」、死を前にした生、という考え、
・アダムとイブの堕罪以前の社会とも言うべき友愛の楽園(黄金時代、理想郷、ユートピア)への憧憬
西欧文明社会(西欧ブルジョア社会)、近代西欧の科学的(数学的)合理主義、物質的に恵まれた管理社会に対する鋭い批判
フーリエらの友愛的(キリスト教的)社会主義や無神論的社会主義に対する見方・批判
・西欧型共和制や君主制に対する見方、ツァリー(皇帝)崇拝の念、
・ナショナリズムに立っての、当時の対外戦争に対する肯定・賛美の発言(「聖戦」という考え)
・「都会」「自然」に対する見方(「自然との触れあい」という思想)
・家庭・親子(世代)の断絶・子供の教育のあり方についての考え、
・当時ロシアで社会問題化していた諸問題(若者の自殺の増加、裁判制度、など)に対する見解、
・氏の小説に顕著な「対話」というあり方の価値の重視
 
なども、注目されます。
  
ロシア神秘主義思想史・ロシア近代外来思想史・ロシア政治思想史の系譜の中で、ドストエフスキーの思想や各小説の登場人物の思想を位置づけ捉えなおしていくことも要求されるようです。

http://www.coara.or.jp/~dost/BT-2.gif