)http://www.coara.or.jp/~dost/BT-2.gif


< ドストエフスキーの思想的営為に影響を与えた思想家・文学者 >

ドストエフスキーの思想的営為に影響を与えた当時の自国の思想家としては、
青年期における、
文学の師
シドロフスキー、無神論的評論家ベリンスキー
初期スラヴ派の思想家
ホミャコーフキレエフスキー、
土壌主義の形成に影響を与えた詩人・評論家A・グリゴーリエフ、
汎スラヴ主義の文明論家ダニレフスキー
晩年期における、
若き神秘主義思想家
ソロヴィヨフ
先祖の復活を唱えた博学の思想家
フョードロフ
ゾシマ長老の人間像や説教内容の題材となった
オプチナ僧院やザドンスキー僧院の古今の高僧たち
当時のロシア正教会の最高管理機関である宗務院の院長を務めていた
ポペドノスツェフ
後半生の友人であるストラーホフ

ドストエフスキーがその著作に親しんだ国外の思想家としては、
学生時代からの、
パスカル
青年期における、
フランスの空想的社会主義思想家の
フーリエ、カベー、サン・シモン、ルイ・ブラン、
青年期における、
ドイツのシェリング、フォイエルバッハ、
シラーの哲学論文、
ヘーゲル、カント、シュティルナー、ヤコブ・ベーメ、
フランスの、
ヴォルテールルソーディドロ、コント、
スウェーデンの、
スウェーデンボルグ、
ギリシャの、
プラトンの対話編、

などが指摘されています。

ドストエフスキーの思想・文学に影響を与えた国内外の「文学者」としては、
本国の
カラムジーン、ジェルジャーヴィン、
プーシキン、ゴーゴリ
レールモントフ、レスコフ、トルストイ、
欧米の、
シラーゲーテホフマン
シェークスピア バイロンディケンズ
ウォルター・スコット、ウージェヌ・シュー、ド・クウィンシー、スターン、
ジョルジュ・サンドビクトル・ユゴーバルザック
モリエール、ラシーヌ、コルネイユ、
ロンサール、シャトーブリアン、マレルプ、
エドガー・アラン・ポー、JF・クーパー、
セルバンテス
ホメ
ロス、ソポクレス

などか挙げられます。
(
ドストエフスキーの思想には、交渉のあった思想家(上に挙げた人物のうち、特に、ストラーホフ、ソロヴィヨフ、などや読んだ思想書から借用したものが多い、とするドストエフスキー研究家の指摘もあり。)



http://www.coara.or.jp/~dost/BT-2.gif