『永遠の夫』 について

http://www.coara.or.jp/~dost/BT-2.gif

( これから読む人は、以下、ネタば
れの箇所(
の箇所)に注意!)


     


< 概要 >

中編。
自分の妻を9年前に寝取られたことを知った中年男トルソツキーが、の死後、その娘(彼の妻とヴェリチャニーノフとの間にできた子)を連れて、その妻を寝取った相手である高等遊民ヴェリチャニ

―ノフの住むペテルブルグを訪れ、彼と近づきになり、彼に復讐しようとする(一方で彼は相手との友情や和解も同時に求めている) 物語。
※、題名の「永遠の夫」は、万年寝取られ亭主の意。

《所収》
河出書房版全集(巻10)
筑摩版全集(巻5)
新潮社版全集(巻8・千種堅訳)
新潮文庫(千種堅訳)