ソフト

境内諸仏

嫁いらず観音
 本堂正面安置のお観音様です 歳老いて体が不自由になり嫁に迷惑を掛けないよう「楽に往生」出来るように母のように守って頂く『ボックリ慈母観音様』です。
修験教祖 役の行者
 鐘堂の横に安置されています石像です 日本の修験道のご開祖です(634−701)日本中の霊山を開かれたお方です。 強い意志力を授けて頂ける仏様です。
子授け観音
 役の行者像の隣向かって左側の石塔です 子授け、幼児のカンの虫の封じ、自閉症、足腰の痛み平癒お姿を擦って一心に念じて下さい。
自在天
 右側の石塔です 家屋敷、土地、庭石、樹木等の移動による魔除け一切、移転移動による魔を知して頂きます。
 立って合掌一心に念じて下さい。途中で若し頭痛が、した時は、お告げですので、すぐ寺務所にご連絡下さい。
三徳明王
 八葉殿内部に安置されている三つの利益を現わす明王@魔を除きA肩腰足の痛みを除きB商売繁盛、人集め、お名前を唱えながらご仏体を三回なぜ悪い処を擦するべし。
金剛明王
 縁切りさんです、男女の縁切り、道楽、悪癖等 一切縁切りの明王様です願の掛け方は事務所まで。

御本尊 不動明王
一名 身代り不動尊
 江戸時代初期又は其以前の作とも言われ、信濃の国善光寺の神木で彫られたと伝えられ、御身丈三尺の一木彫りの御姿です古文書に拠りますと、彫り師が仕上げの際お瞳を入れようとして急死、継ぎの人が、お瞳を入れようとして急死又急死三人の仏師がお瞳を入れられなかったと、記されています。初代住住職 雲海僧正が、長野の地よりお供をして当山の御本尊として安置されました。 一人一願成就の有難い お不動様で有ります。
九州三十三観音霊場第十四番御本尊
ボケ封じ 妙智観世音菩薩
 九州三十三観音霊場の御本尊です、永い一生一番の悩み其ボケでしょう。物忘れでしょう。歳を取って皆から厄介もの扱いされる人生考えるだけでも恐ろしくなります。又限られた生命、残された、時間の少なさを思う時、大きな喜びを、より一層の幸せを願はずにはいられません。年寄りだけでなく皆んなが「ボケないで」また「元気で」長生きが出来ますよう、御守り下さる慈悲ぶかい御観音様です。
願掛け不動 一願不動明王
 青銅製、御身丈十三尺五寸、人の災難を取り除き一人に一つの願いを叶えて頂く、お不動様です。向かって、右に御内仏矜迦羅童子、左には制多迦童子が安置されています。御内仏には全面に福を授ける普賢菩薩が、奥の正面には知恵を授ける文殊菩薩が安置され、諸願が成就される様守って頂いています。
 願掛け不動尊 願い事成就と御先祖供養の為に、願かけ不動尊御身丈二十四センチ背面に願い事と住所姓名を記入し祈願成就の護摩祈祷を修法後、一願不動尊の御前に安置 永代祈念致します。
首より上の守り神脳天大神堂
 奈良県吉野山主、故五條覚澄大僧正が生前、子供に苛められる蛇を助けられた。其の夜から三晩続けて蛇が夢枕に立ち、我れを祀る時には、首から上の願い事を叶えると知らせたので、蔵王堂から、約五百メートル下の谷間に昔からあった竜神の社に安置した。その御分身が、当山の『脳天大神堂』である。
 ◎御利益 試験の合格、学力向上、商売繁盛、縁切り、縁結び、特には首から上の病気一切に御利益があると喜ばれている。
ご縁日は毎月第一日曜日午前十一時より
所願成就の護摩祈祷が修法されている。
八葉殿 水子供養と諸願の成就
 このお堂には、人一代に大願を、一つは叶えて頂けると伝わる『十二支千支の守り本尊』と全国より、お申込みの水子地蔵尊が約七千体程安置され、毎朝永代供養の・・献水と読経・・が上げられています。又御参拝の方々の供えの花、玩具、全国の方々より送られるお供物が堂内に満ち溢れ、毎日多数の方が参詣されています。また一番奥には一般の方の「永代供養」の為の、ご先祖のご位牌や水子さんのご遺骨が安置されています。
ご先祖その他の永代供養をご希望の方は、宗派に関係なく受け付けています。
水子供養の意義
 水子とは母親の胎内に宿ってより、出産して名付け迄に流産や、掻爬、その他の事情により死亡した子を云います。一,二ヶ月だからと云われる方がいますが、対峙は三月で性別が判ると云います。この世に出ようとした子です。縁が有って宿った子供さん、でも親の都合で日の目を見ることが出来なかった水子さん、やはり霊は有ります。但し水子が祟るから祀るのでは無く、我が子だから祀るのです。成仏を願っています。一日も早く救ってあげてください。当山では、何方にでも出来る、経費で地蔵尊を建立、百日間の回向の後、永代供養致します。

トップ アイコン
トップ

ソフト