【玄語\天冊\立部\本神-本】13.txtの検索用訓読。 総ルビ訓読版  検索用原文



03033: 鬱Dは混淪を以てせざれば〉則ち帰する所靡し〉

03034: 混淪は鬱Dを以てせざれば》則ち運する所靡し》

03035: 以てせざれば則ち成す所莫きは〉則ち一なり〉

03036: 之を以てすれば則ち帰運するは》則ち二なり》

03037: 一なれば則ち恃む可きの佗無し〉故に其の然る者は自なり〉

03038: 二なれば則ち待する所の一有り》故に其の然る者は使なり》

03039: 二を以て〉鬱Dは能く活し〉 混淪は能く立す〉

03040: 一を以て》鬱Dは混淪を活し》混淪は鬱Dを立す》

03041: 鬱Dは気なりと雖も〉物は之を吐せず〉

03042: 混淪は物なりと雖も〉気は能く之を食す〉故に

03043: 鬱Dも亦た之を有するの天有り〉 

03044: 混淪も亦た之を容するの地有り》故に 

03045: 混淪は之を開けば〉則ち之を容するの地有り〉 

03046: 鬱Dは之を開けば》則ち之を有するの天有り》

03047: 天は則ち没して而して通塞す〉

03048: 地は則ち露して而して覆載す〉

03049: 神は則ち麁にして而して活立す》

03050: 天は則ち精にして而して有開す》

03051: 有せざる所莫し〉開せざる所莫し〉是を以て〉天貌は此の如し〉

03052: 活せざる所莫し》立せざる所莫し》是を以て》地体は此の如し》

03053: 立するや則ち天も亦た地なり〉

03054: 活するや則ち地も亦た天なり》

03055: 合処は罅縫を没す〉故に

03056: 天は精没して其の神を有す〉

03057: 地は麁露して其の天を開す》

03058: 分処は條理を見す》故に

03059: 天は其の徳を有開す》

03060: 神は其の道に為成す》

03061: 天中は神を物にす〉

03062: 物中は神を気にす》

03063: 物中 神を気にする者は〉本神の活立なり〉

03064: 天中 神を物にする者は》天神の為成なり》

03065: 地も亦た天なれば〉則ち神神即一〉

03066: 天も亦た地なれば》則ち天なる者は即ち本なり》

03067:  本は一なり〉故に

03068:  宇宙も亦た天地なり〉

03069:  本神も亦た天神なり〉

03070:  能く二なり》故に

03071:  宇宙転持》

03072:  天地水火》

03073:  天神道徳》

03074:  本神体用》

03075:  剖析は尽きず。

03076:  物にして條理整斉す〉

03077:  事にして交接錯雑す》

03078:  一天一地。

03079:  天は神を有す〉

03080:  地は天を開す》

03081:  之を有し之を開す〉

03082:  之を活し之を立す》是に於て。

03083:  天神は本神をLす〉

03084:  天地は宇宙をLす》

03085:  天は気にして而して神物を有開す〉

03086:  地は物にして而して神物を活立す》

03087:  本は立し神は活するよりすれば〉則ち物は物にして而して神は気なり〉

03088:  天は有す神は開するよりすれば》則ち天は気にして而して神は物なり》

03089:  神を物にするの天は〉精にして有せざる所莫し〉

03090:  精と雖も已に有せざる所莫ければ〉則ち天も亦た地に於ける地なり〉

03091:  神を気にするの本は》麁にして立せざる所莫し》

03092:  麁と雖も已に立せざる所莫ければ》則ち本も亦た神に於ける神なり》是に於てか。

03093:  一即一一〉

03094:  一一即一》

03095:  天は有せざる所莫し〉

03096:  神は露せざる所莫し》

03097: 天は神本を有す。活を開し立を開す。

03098: 其の体は則ち一一なり〉

03099: 其の性は則ち分合なり》

03100: 大物は一を全す〉故に活立は自ずから成す〉

03101: A昜は二を立す》故に活立せしむるを為す》是を以て

03102: 混淪は能く立す〉

03103: 鬱Dは能く活す》

03104: 大は能く小を含す〉

03105: 小は能く大に資す》故に

03106: 小物と雖も。已に其の一を成せば。則ち鬱D混淪。資して己の有と為す。

03107: 一の二を分する〉反を以て偶を為す〉

03108: 小の大に資する》応を以て己を成す》故に

03109: 己に有する者は〉天に資する者なり〉

03110: 己に在する者は》天に反する者なり》

03111: 本気は混淪の物を立す〉

03112: 神気は鬱Dの活を運す》

03113: 本気は。天地A昜を以て体と為す〉之を天に奉じ〉之を己に保する者は〉其の性なり〉

03114:     BC給資を以て用と為す》之を己に知り》之を佗に運する者は》其の才なり》

03115: 一体一性。体は用を具す〉

03116:      性は才を活す》故に

03117: 本気の立は。能く其の神を奉ず〉

03118:       能く其の物を立す》

03119: 立する者は〉則ち外を保し内を持す〉

03120: 奉する者は》則ち己を奉し佗を役す》

03121:  活すれば則ち為す〉

03122:  成すれば則ち立す》

03123:  蓋し其の立するや。

03124:  内は能く持を有す〉

03125:  外は能く保を有す》

03126:  保なる者は〉天の用なり〉

03127:  持なる者は》地の用なり》

03128:  外より保すれば則ち内より護す〉

03129:  外に於て持すれば》則ち内に於て守す》

03130:  成する所に保護持守するは。則ち天と万物と同じ。故に。

03131:  大物なれば〉則ち天転は外より地を保す〉

03132:          地持は内より天を営す〉

03133:          地止は内に於て守す〉

03134:          天容は外に於て持す〉

03135:  人なれば》   気は外より身を保す》

03136:          質は内より外を営す》

03137:          精は内に於て守す》

03138:          皮は外に於て持す》

03139:  営なる者は〉天にBCし〉人に運為す〉

03140:  養なる者は》天に相給し》人に飲食す》

03141: 気は保すれば〉則ち営養に用有り〉

03142: 精は奉すれば》則ち知感に運有り》

03143: 混淪の体は〉其の神を運せずんば〉体は具して用せず〉 偶人の機関を失するが若し〉

03144: 鬱Dの神は》其の物を体せずんば》気は動して託す無し》大虚の風飆を起こすが若し》

03145: 保営なる者は〉気の物を守するなり〉

03146: 奉運なる者は》物の気を出だすなり》

03147: 奉する者は〉一精一力なり〉精は奉する有り〉力は役する有り〉

03148: 運する者は》一神一霊なり》霊は知する有り》神は通する有り》

03149: [臣は君を奉す。外は保する有り。内は営する有り。

03150:  之を持し。之を守す。是に於て其の君なる者は。]    ([ ]は、杵築写本を示す。)

03151: [臣は以て君を奉ず。其の奉する者は外以て保する有り。

03152:  内以て護する有り。之を持し。之を守す。是に於て其の君なる者は。](梅園全集を示す。)

03153:  外は藩屏の保を有す。

03154:  内は傅保の教を有す。

03155:  鎮重は以て之を持す。

03156:  法度は以て之を守す。故に

03157:  君の明は。蔽う所無く。其の聡は塞ぐ所無し。

03158:  君民一体。士は事に勤む。

03159:       農は耕に力す。

03160:       工は職に走る。

03161:       商は交に走る。

03162:       此れ之に給す。

03163:       彼れ之に資す。則ち其の養なり。

03164:       意は以て思う。

03165:       技は以て為す。則ち  営なり。

03166:  人事の然る所は。廼ち天の給する所なり。

03167:  応する所有るに慣れて。資する所を探らざるは。

03168:  流れを渉りて原を知らざるが若きなり。

03169:  既已に其の資する所を得る。             (既已に=すでに)

03170:  此に君民と言うは。其の一端を挙ぐるのみ。夫れ

03171: 混淪は実体を以て而して立す〉

03172: 之に幹する者は〉其の実体の立を営して〉而して以て経に行す〉

03173: 鬱Dは精気を以て而して活す》

03174: 之を運する者は》其の精気の活を運して》而して以て緯に立す》

03175: 之を保し之を奉す〉

03176: 之を営し之を養す》

03177:  地なる者はA結なり〉

03178:  日なる者は昜聚なり》是を以て。

03179:  地は〉昜を天にHす〉而して地に噴す〉

03180:  天は》Aを地にHす》而して天に噴す》

03181:  景なる者は〉日のAを噴く所の気なり〉

03182:  水なる者は》地の昜を噴く所の質なり》

03183:  水は燥中に生す〉

03184:  火は水中に生す》

03185:  火はHすれば則ち湿を生す〉

03186:  水はHすれば則ち乾を成す》是の故に

03187:  日は近づけば 則ち雨沢浮潤す〉

03188:  日は遠ざかれば則ち水液枯涸す》

03189:  水を以て火に潅げば〉則ち火は水をHす〉

03190:  火を以て水を煮れば》則ち水は火をHす》

03191:  水の火をHするや〉其の可に適すれば〉則ち其の体を養す〉

03192:           其の量を過ぐれば〉則ち其の体を失す〉

03193:  火の水をHするや》其の可に適すれば》則ち其の体を養す》

03194:           其の量を過ぐれば》則ち其の体を失す》

03195:  火山熱池〉雨を得て燃ゆ〉

03196:  炭火油燈》水を含みて存す》

03197:  給資は以て相い養するなり。

03198:  動植は同じく保営を有するなり〉而して

03199:  動は則ち牡に発して〉而して牝に収す〉

03200:  植は則ち華に発して》而して実に収す》

03201:  BCの営なり。進む者は生す〉

03202:         去る者は化す》

03203:  天地給資〉

03204:  A昜BC》

03205:  本は能く其の体を保す〉

03206:  神は能く其の気を運す》

03207: 保は以て之を洪曠に立す〉

03208: 奉は以て之を悠久に行す》

03209: 之を保し之を奉する者は。精なり。

03210: 精なる者は。物中に隠する者なり。気物は已に立す。而して

03211: 其の神を奉して〉之を知運せ使む〉

03212: 其の物を保して》之が性体を成す》

03213: 一なるや以て之を奉す〉

03214: 二なるや以て相い役す》

03215: 経に行す〉

03216: 緯に立す》

03217: 動静通塞す〉

03218: BC給資す》

03219: 一の為に其の才力を伸ばして役を執るに非ざる莫し。而して

03220: 其の権は全く精に在り。蓋し

03221: 一なる者は自から成す》

03222: 散する者は依りて成す》

03223: 混淪の体〉

03224: 鬱Dの神〉

03225: 洪曠に窕せず〉

03226: 悠久に疲れず》

03227: 転換の体》

03228: M忽の神》

03229: 小天地に画す》

03230: 小造化に盲す》        (写本・版下本とも「盲」を「区」とする。黄鶴の訂正。)

03231: 小と雖も〉而も鱗比は断たず〉

03232: 小と雖も》而も天地を悉く具す》則ち

03233: 神は洪曠に通ずる〉

03234: 体は悠久に伝わる》

03235: 給する者は※さず〉

03236: 資する者は何ぞ尽さん》

03237: 精は立して而して力は役す。外は保して内は持す。

03238: BC給資して。万物は並出す〉

03239:        万事は並起す》

03240: 起する者は斯の中に居す〉

03241: 出する者は斯の中に隠す》

03242: 物は大なりと雖も〉而も之が為に保せられて而して立す〉

03243: 神は妙なりと雖も》而も之が為に奉ぜられて而して活す》且つ

03244: 我の資る所を以て之を言わんか。夫れ

03245: 意なる者は〉我の神の活なり〉

03246: 身なる者は》我の体の立なり》

03247: 精は其の間に隠す〉

03248: 華は其の表に見す》

03249: 保持は以て我の生を保す〉

03250: 給資は以て我の生を養す〉

03251: 奉運は以て我の物を成す》

03252: BCは以て我の後を継す》

03253: 物を保して而して其の神を奉す〉

03254: 神を運して而して其の物を役す》

03255: 心は此の権を以て肢体を役す〉

03256: 身は此の力を以て肢体を保す》

03257: 国家の君を奉する〉

03258: 君上の下を役する》

03259: 善観すれば。則ち

03260: 隠見を隔つと雖も〉

03261: 精麁は本と一なり》

03262:  活立は体用を為す〉

03263:  幹運は性才を為す》

03264:  気の用は廼ち天〉

03265:  物の体は廼ち物〉

03266:  性 之に幹する者は廼ち精》

03267:  才 之に運する者は廼ち神》

03268:  天物精神は。本根精英に於て合す。故に

03269:  本は気なり〉

03270:  根は物なり》

03271:  乃ち天地なり。天地の外。豈に佗有らんや。

03272:  隠して之に体する者は〉廼ち精〉

03273:  見して此に出する者は》廼ち華》故に

03274:  見露は華に非ざる莫し〉

03275:  隠没は精に非ざる莫し》

03276:  精に非ざれば則ち神は依する所莫し〉

03277:  神に非ざれば則ち精は奉する所莫し》蓋し夫れ。

03278:  一なる者は外無し〉

03279:  散する者は外有り》

03280:  外無き者は自立す〉

03281:  外有る者は並立す》

03282:  自立する者は〉自ら能く保営奉運す〉     (自ら=おのずから)

03283:  並立する者は》能く相い保営奉運す》是を以て。

03284:  保営奉運する者は同じく有して。而して自と相と則ち相い隔つ。

03285:  之を火に移して之を言わんか。夫れ一点の燈火は。

03286:  篭は以て之を保す〉臺は以て之を持す〉

03287:  神は以て之を営す》膏は以て之を養す》

03288:  其の知ること無きや〉乾を択んで之に就く〉

03289:            湿を択んで之を避く》

03290:  其の運する所無きや》明を燃に運す》

03291:            熱を焼に運す》是を以て。

03292:  近くは則ち葛裘飲食〉

03293:  遠くは則ち宮牆器貨〉以て己を保営するを為すなり〉

03294:  近くは則ち思惟営作》

03295:  遠くは則ち使令習学》以て己を奉運するを為すなり》是を以て。

03296:  内は保営奉運を用すれば〉則ち

03297:  外も亦た保営奉運を有す》故に

03298:  知は天下の故に通ず〉

03299:  力は天下の物を役す》

03300:  之を天地に則る有らば。則ち天地に業を拡め。

03301:  世を無窮に傅えんも。天地は奚んぞ之を拒まん。

03302:  給する所を知りて〉而も資する所を観るに〉 本は猶お末の如きなり〉

03303:  資する所を観て》 而も給する所を察するに》末は猶お本の如きなり》

03304:  本末は共に同じ。自相何ぞ隔てん。

03305:  象質なる者は〉発収の物なり〉

03306:  GHなる者は》発収の気なり》

03307:  之を保する者は精力なり〉

03308:  之を運する者は神霊なり》

03309:  霊は知り神は通す〉

03310:  精は奉し力は役す》

03311:  天象は滾滾として而して運転す〉

03312:  地質は擾擾として而して往来す》

03313:  運転する者は〉其の定期を知り〉

03314:  往来する者は》其の変化に通す》

03315:  芸芸たり〉

03316:  擾擾たり》

03317:  各おの気物の相い立するは。

03318:  各おの神霊の之を運するに非ざる莫きなり。