豆田町界隈
 
 3月の日田市といえば、おひなまつりが有名ですよね!日田インターから行くこと10分で豆田町に到着。早速、豆田町のおひなまつりをフラリと散策に行きましょう!!今日はおひなまつりを見に来られている観光客の方々が多く見られ、と〜っても賑やか★
 町を散策していくと、町並みに向けて雛人形を飾っている家を発見!右の写真のように長イスに座って外からおひなさまを見られる心遣いが伺えられますね。おひなまつりが開催されている期間は、どこもかしこもお雛様でいっぱい!!
 日田といえば、日田下駄。いろんなお店で日田下駄を見かけます。軽くて丈夫な日田下駄はこの夏、浴衣姿で履きたい一品ずっと歩いても疲れにくそう!!
 しばらく歩くと虹色ラムネを見つけました!とってもカラフル♪アップル味のラムネはベニバナ・赤キャベツ、メロン味のラムネはクチナシ色素を使って、それぞれの色を出しているそうです。自然物を使ったラムネはキレイだけでなく、安心して飲めます
お雛様グッズが欲しい方はこちら・・・。+++
 手作りお雛様が中心のお店でガラス雛や香炉、小物など、数多くの雛グッズが揃っています。
 お店の中は観光客が多くてまさに寿司詰め状態!!目印はお店の前の石(陶器)で作られたお雛様です。
 さらに奥に進むと大きな通りが現れ、ぶらりと歩いていると、街灯の脇にはこんなかわいいお雛様が飾られていました。竹の中に手作りのお雛様を置いてあるので、まるで竹取物語のよう。町全体がおひなまつり。
 通りを歩くときでも楽しめますね♪
 
 
+++雛飾りとアイスを楽しむ。
■ 薫長酒造■
 お雛様が飾られているスポットの一つ、薫長酒造に立ち寄りました。薫長酒造では酒造りの資料館も楽しめて一石二鳥?!
営業時間: 9:00〜16:00
電話番号: 0973-22-3121
入場:
無料
館内にはガラス越しにお雛様が見られます。+++
 入ってすぐ、お雛様が飾られていました。ひな壇が2体もあるのにびっくり!ガラス越しに見るお雛様は歴史を積み重ねてきた雰囲気が漂っています。
 こちらが資料館です。江戸時代の酒造道具を展示されています。
 お酒を造るためにこんなに多くの道具を使用していたんだなー・・・と感心するぐらいたくさんの道具が保管されていました。

 (注)階段はちょっと急になっていますので、気をつけてください。
黒ビールと吟醸酒(赤米入り)のアイス。+++
黒ビール・吟醸酒 各 300円
 うれしいことに館内にはカフェスペースがあって、黒ビールアイスと吟醸酒アイスが販売されていました。甘いものに目がないイケダとハシモトはお昼前だというのに、早速それぞれのアイスを購入♪どんな味なのかしら??
●マリコ(←左):ビールの香りがほんのり漂っていてビールが苦手な方も食べやすいアイスですよ!お酒の好きな方なら吟醸酒アイスかな??

●ハシモト(右→):吟醸酒の香りと赤米の粒々が楽しめてオトク感いっぱい♪
 カフェスペースの隣には薫長のお酒を販売しているスペースもありました。ここでは試飲ができるようです♪
 早速、お酒がだぁーい好きなイケダはにごり酒を試飲。おいしかったらしく笑顔満開です!!(本当に好きなんだね〜笑)
+++お昼にしましょう♪
そろそろおなかも空いてきた頃・・・薫長酒造の真向かいにある四季亭 蔵へお昼しに行ってきました。おひなまつりが開催中ということで、ひな弁当という、この時期にぴったりのメニューを選びました。
■ 四季亭 蔵 ■

ひな弁当に茶碗蒸しが付けられます。(200円)
※梅干煮のスペアリブもありました。(気になる方、ぜひどうぞ!)
ひな弁当 1,800円
 
●ハシモト:ひなまつりと言えば、やっぱりちらし寿司。錦糸玉子と酢メシのバランスが最高!お刺身も新鮮でした。なんてったって、2壇重ねっていうところが豪華さを倍増させてました♪

●マリコ:ちらし寿司と甘い玉子焼きが大好きな私。玉子焼きがたっぷりのったちらし寿司だったのでこの上ない幸せでした♪煮物が上品でおいしかったよー♪
営業時間: 11:00〜14:00、18:00〜22:00
電話番号: 0973-22-5513
定休日:
不定休
食べ歩き&お土産には、くりそば饅頭+++
■ 旭饅頭 ■
営業時間: 9:30〜19:00
電話番号: 0973-22-4751
 ちらし寿司でおなかいっぱいになった私達はそれでも尚食べ足りなかったのか、「おやつはまんじゅうでしょう!」と言い、旭饅頭へやって来ました。ここのくりそば饅頭が有名ということで、くりそば饅頭と甘酒饅頭を購入!! 
 くりそば饅頭はあんこの中にまるごと栗が入っていてほど良い甘さで後引くおいしさ。こんなことならいっぱい買っておけばよかったなーと後悔中・・・。慶応元年からある老舗のお饅頭屋さんのようです。
栗そばまんじゅう 100円
 
+++日田の別の楽しみ方
 辻馬車も随時運行しているようですよ!豆田町内をゆっくり案内してくれるとか。「パッカ パッカ パッカ パッカ・・・」という足音が聞こえてきたら真っ白な馬を探してみてください!
● オトク情報
 豆田町を歩いていると家の玄関先には右写真のような飾りを飾っている家が見かけられます。これは“ぱいぱい”といい、毎年7月の第3週の土日に盛大な「祇園祭り」が行なわれるそうですが、そのときに販売している『魔よけ』のようなものです!と、お昼ごはんを食べた“四季亭 蔵”のスタッフの方から教えていただきました。家の玄関先を見ながら歩くのもおもしろいと思いますよ!
※このサイトでのお店の紹介は、 個人的に訪れたお店で楽しんだ時間を綴ったものです。詳細は各お店へお問い合わせください。