市民の手にネットワークを!
CANをRIIと呼んで実現を目指してきた地域

経緯   大分の情報化運動は、1985年5月のコアラ発足が原点
 「One person,One E-mail box!」や、
 「地域情報市民公社(RIU)構想」などのビジョンを掲げ、
      地域パソコン通信の老舗の活動を展開

1989年-90年、全県を網羅する情報道路「豊の国ネット」が稼働
1993年3月、コアラはニューコアラと改組、今まで以上に民と官共
    同で地域情報化に取り組む。
 同年、(財)ハイパーネットワーク社会研究所発足
1996〜97年3月、NTTマルチメディア実験を実施、
    CANの原点的な「情報コンセント構想」を追求
1996年7月 地域情報化の拠点、ハイパーステーション落成
    ネットワーク設備、コンテンツ制作・交流を主眼にして
1997年4月、OCNの局舎内コ・ルーター設備やアクセスライン
    光ファイバーを使いこなした本格的地域情報ハイウェイ設
    備の稼働開始。
現況

ハード
インフラ

・まだまだダイアルアップが主体
・幹線は、OCNエンタープライズ等で構成〜企業・団体へ参画呼び
 かけ中。
・準幹線として、全県を市内電話でダイアルアップできるポイント
 OCN専用線を使って実現。つまり、OCNは全県域に展開済み。
大分ケーブルTV等によるケーブルインターネット実験中
大山町のCATVは町内イントラネットでもある。
・PHS無性インターネットも開通

アプリケー
ションイン
フラ

・電子コミュニティを造るためのハイパーステーション開設
・絵や音声を使える「百聞一見」電子会議システム稼働
One Person,One homepage個人が積極的ホームページづくり
一村一品バーチャルshopでのクレジットオンライン決済機能
インターネット放送局開局 96年4月より週一番組放送中
・電子メール新聞[event coara]96年5月より週一発行中
・個人懇談例会、企業向け勉強会など多彩なオフライン
・ISPによらないメーリングリスト型コミュニティが活躍

今 後

・福岡会員が多く、博多湾〜別府湾間の帯状の情報軸、マルチメディ
 ア回廊
づくりに超戦中。
     〜点から面への地域連携情報化の展開
・xDSL等、新技術による「情報コンセント」実現に努力中
・地域コンテンツを主体にした地域コミュニティをどのように
     自主独立採算できるか、、、等を研究中。

関連ホームページリンク
大分のCANの代表
コアラホームページ
コアラ内、「ハイパーネットワークを目指して」 ハイパー研ホームページ CANフォーラム
ホームページ