AM 11:00 大分県庁前スタート!

10月29日(日)、午前11時、大分県庁前。曇り空と小雨。
大勢の観衆が見守る中、42.195Kmのフルマラソンがスタートしました。
3分後、ハーフマラソンもスタートしました。


 スタートと同時に、すごいスピードで何十台もの
 車いすの選手が目の前を走り過ぎていきます。

 一斉に走り出す車いすの音が耳に残って、この瞬
 間は感動でした。
 観衆の拍手もわきます。



 次は大分川にかかる弁天大橋で応援。
 ここは坂になっているため、選手の顔もとてもき
 つそうです。

 車輪を回す手も速度が落ち、力がこもっているの
 がわかります。


 たくさんの外国人選手や、男性の選手の中でも、
 女の子の選手もがんばっていました。

 ここで観衆の『がんばれ!がんばれ!』という大
 きな声援が選手を励まします。

 ちょっと涙してしまいました。


 最終ゴール地点の陸上競技場へ向かう途中、
 「NHKボランティアネット」の岩津さんと、函館
 からみえている事務局の方と出会いました。
 取材と応援にみえていたようです。




 フルマラソンの優勝者がゴールを勢いよくきりま
 す。
 スイスのハインツ・フレイ選手が優勝!
 他の選手を大きく引き離してのゴール。
 記録は大会新記録の1時間21分38秒。

 過去最高のベストコンディションだったそうです。

 他の選手も続々ゴールへ。
 観客席の観衆の拍手に向かえられ、選手は競技場
 のトラックを1週半、ラストスパートをかけます。

 ゴールした選手のカラフルなウエアーが競技場の中
 を埋めます。



選手の皆さん。おつかれさまでした!
優勝したハインツ選手の「来年も再来年も大分へきたい。」
という言葉がとても嬉しかった。
私たちも、また待っています!

この車いすマラソンの詳細は後日お伝えいたします。

大会3日前リポート