コアラの事務局員高橋
友成 は温泉へ行った。

極楽天国だった。

しかし、熱い温泉。
汗はダラダラ流れたが
「肩もんであげるわよ。」
と余裕だった。

日頃よっぽどストレスを
ため込んでいたのだろう。
高橋はあまりの気持ちよさに
つい長風呂をしてしまった。


しかし、高橋は少々図にのりすぎた。


  友成嬢。
  わたし、、ちょっとのぼせたみたい。


    高橋はゆでだこちゃんに変貌していった。
    しかし、気のせいか顔は笑っていた。

     あっという間に、簾の子が高橋の寝床と化してしまった。
    

きもちわるーい。
もうだめー。
起きあがれないー。
すごい汗ー。
貧血だー。
酔っ払ったー。
熱いー。
どうしよう。
図に乗ってしまった。
でも気持ちよかった。




高橋は何かぶつぶつとうめいていたが、友成は心底心配した。

しかし、なぜかやはり高橋の顔は笑っていた。

しかし、高橋の苦痛の呻きの中に、友成は聞きのがさなかった。

「今日はビールがおいしいぞー。」