特注

                            Reported by TOMONARI

4月5日 デジタル工房ハートの打ち合わせ


社長(コアラでは局長)のいらだつ声が会議室にひびく。 「どうしてこんなにみんなの意思疎通がないんだ?  1人の人間がわかっていればいいんじゃないんだぞ!  複数の人間がわかっていなければいけないぞ。  ちゃんとみんながわかっているようにしなさい。」   その時、友成は確かに『もっともなことだ』と思った。 1人が把握しているだけではその人がいない時に何か起こった場合、 他の人間は何もわからないのでは、自分達が困るだけなのですよね。 さすが。局長。

4月6日 奇妙な形の机が搬入される


妙な形の机が運ばれてきた。 運送屋さん「特注です。ほら、こんな形にも、       こんな形にもなるんです。」   一同:『一体、これはどうする机なのだろう・・・』         誰も何も聞いていないので、一体どうすればいいのかわからず   みんな途方に暮れる。 「だれがこれを頼んだのですか?」 「ハイパーネットワークの   ええ・・っと・・尾野さんという方が・・・・」

・・・確かに困りました・・・