ぽっぽっぽ…

 本日2月8日は針供養の日…そうだ、春日神社に取材に行こう!と、思いたった事務員小野。思いつきの行動はときに無意味なものになる。
 しかしあまり(まったく?)計画性のない小野は、雪の降りしきる中、春日神社へ向かった。

 降雪量はピークを迎え、自転車では目を開けて走れないほど。
 しかし…春日神社には人っ子1人いなかった。

 何の為にここまで寒い思いをしてきたんだっ!と、自分に怒る。

 とぼとぼ帰ろうとした時、遠くに何か見えた。
 黒い集団。何かと思って近づくと、それはハトだった。

 あまりの寒さに固まってしまった(?)様子。ピクリとも動かない。
 震えるハト、見つめる小野…。

ぽっぽっぽ…という鳴き声がかすかに響く神社。

 なんだかとても寂しい光景だった。寂しすぎる…。

 教訓:出かける前には何処で何時に何があるかちゃんと確認しよう。
reported by mika ono : breeze@fat.coara.or.jp
ニューコアラ / 天神コアラ