コアラ怪奇現象!?

 それは昨日の夜から始った。午後8時、ひっそりと静まり返ったコアラ事務局の中…
 その時残っていたのは2人。

 仕事熱心な事務員是永さんと単にもたもた仕事をしていた新人事務員小野(私)。

 シーン…としていたところに突然モデムの音がピーヒョロヒョロジージー…
 !!!なんだ?なんなんだ?

 恐る恐る誰もいないデスクに近づくと、なんとモデムにつられて消えていたはずのコンピューターがたちあがてる!
 それだけでは終わらなかった。

 次の日、お昼を過ぎたころ、またウィーンという音が…

 再び誰もいないデスクで、今度はスキャナーがたちあがっていた!!
 「キャー!」昨日のこともあり、恐れおののくコアラ事務局員達。

 その声を聞きつけて、デジタル工房ハートの宮崎さん登場。

モデムといい、スキャナといい、これは怪奇現象だと怖がる人々を横目に、冷静な宮崎さん。

 「こういうことってあるんだよ。」って…

 結局「古くなってるから」ということで片付けられたこの不思議な現象。真相はいかに?私(小野)と是永さんの結論→「私達が至らない分、機械が働こうとしてくれてるんだ。なんて親切な機械達!」…なんてことはないかなぁ、やっぱり。
reported by mika ono : breeze@fat.coara.or.jp
ニューコアラ / 天神コアラ