今日も遅くまで帆足(ホアシ)さんが残って仕事をしていた
え?あれ?

 やっぱり。

 今日も遅くまで帆足さん仕事してる。

 え?

 テレビ見てるの?

 ホアシ「ちがう!」

 ホアシ「あれ? あれ?」

 ホアシ「あー!もう何でか!?
     うまくいかん!」

 帆足さん、仕事で頭の中煮詰まってるみたいです。

 ホアシ「えーと、えーと」

 え?あれ?

 これ、Macciですよ。
 帆足さん、マックのオタクちゃんだから趣味で使ってるの?コレクション?
 それって、化石みたいな・・・古いマシンじゃないですか。

ホアシ
「しかも、メニューバーが表示され
 ん
けん、想像で、ここかなー?こっ
 ちかなー?で、マウスで選択するん
 で。
 スゴイやろ。」

 しかも、そのモニター・・・白黒でなんか濁ってますよ。

注)マックのメニューバーとは、左図
  の赤線部分であり、ソフトの機能
  ボタンとなったり、
  システムの基本部分を操作する
  大切なとこ。

 でも、ホアシさん、

 この辺、スッゴい性能のいいマシンがあるじゃないですか。

 ホアシ「そっちは僕が使っちゃダメ
     なの」

ホアシ
「あーもう、
 うまくいったか!?
 うーっ、
 あーっ、
 ・・・
 わたしも、結婚して子供ができたら
 早く帰れるようになるんやろなー。
 いつのことかなー、友成さん。

 あ、友成さんも同じやな。
 なんか数年前から同じこと言いよん
 なぁ。
 年とると同じことばかり言うように
 なるけんなあ。
 なあ、なあ?」 

 

 ほっとくことにした。


By Miho Tomonari