国営マレイシア・ラジオ・テレビ局の取材

マレイシアからラジオとテレビ局の方が、
「東方政策 - 過去・現在・未来」(仮題)という、
ドキュメンタリー番組を制作するため、大分県の地域開発の現状について、
取材に事務局に来られました。

まずは、事務局長から大分やコアラについての説明が続きます・・・
通訳の方が局長の難しい話を、同時に英語で解説していくのですが、「すごい。」の一言。よく即座に日本語から英語に頭が変換できるのか、感心してしまいます。

話の後は事務局内の見学。
毎週インターネット放送、カフェコアラを収録している、サイパースタジオを真剣な眼差しで見ています。

そして早速マレイシアのクルーが、照明を付け、カメラをまわし始めました。
(ちなみにアシスタントは日本人の方)

オンディマンドで残っている、”国際フォーラム in 九州 ・ 福岡会議”でのマハティール首相の講演を再生すると、インターネット放送に感心している様子。

スタジオには局長と友成さんが入り、それを収録する、マレイシアの方達。


マレイシアの方の目には、ここ大分はどの様に写ったのでしょうか?
実際の放送を見てみたいものです。

(by Yuko Kusamoto)