夜が明けると大分は雪国だった

Reported by k_miya

01
昨日夜半から降り出した雪は
朝にはすっかり街を白い世界に変えていた
02
車は四輪駆動車位しか走っていない
03
その悪路の中、某帆足氏が出勤 (偶然にも竹本氏も出勤中)
04
「うひ〜、超さむいっす〜〜」
本人はこの状況を楽しんでいるようである
事故っている方もいると言うのに困ったものである
06
「ゆき〜〜」
某帆足氏は突然、雪玉を作って遊びだした
すでに出勤時間は過ぎているような気もするが(^_^;
05
しばし、雪の感触を楽しんだ帆足氏は愛用のたばこに火を付け一服
確実に出勤時間は過ぎている
07
「さ〜て、仕事でもしようかね〜〜」
その重い足取りは
「もうちょっと遊びたかった」
と言っているようである
しかし、彼は常にCOOLだ!こんな状況でも仕事をするのだ!!
がんばれ!某帆足氏!!
ハイパーステーションの明日は君の双肩にかかっているらしいぞ!!