今年も恒例、『府内ぱっちん』いきました
                     Reported by MihoTomonari


毎年こうれい、大分市のお祭り『府内ぱっちん』。
これに行かなきゃ夏ははじまりません。
・・・と、ハイパーステーション・お祭り好きスタッフが集合しました。。。


 もちろん、この方は欠かせません。

 村山たま嬢(右)。

 最近のたまJAVAページ、益々人気向上。

 お友達の飯倉嬢もホームページ公開。

 ライバルとなってしまった。。。

 たまパパも、たまママも、お友達も

 浴衣できました。

 しぶいですねぇ。

 (たま嬢・得意のピース)

 局長の東京みやげのチョコレートチーズ

 ケーキをいただく。

 この図。 

 友成の幼少時のアルバムにもよく見るショット。

 たま嬢は将来、私と同じ道をたどるわよ、きっと。

 いつも食べ物(お菓子)のことが頭から離れら

 れなくて、意味なくコンビニに通うコンビニ症候群になっちゃうのよ。

 でも、美人になれるから安心して。

 わが子のように見守る吉本&かつらぎ氏。

 その気持ち、わかるわあ。。。

 この年になると、いろいろ考えるもんね。

 チョコレートケーキって、いつになっても

 食べたいもんね。羨ましいんでしょ?

 東京出張のタケモト研究員を待つ。

 帰ってきた。

 引率をはじめた。

 「みなさん、目印はこれですよお!」

 同じく、東京出張から帰ってきた藤野氏の

 ファミリーが途中合流。

 『府内ぱっちん』はじまってます!

 今年もきれいで、情熱的!

 熱い。暑い!

 大分のどこからこんなに若者が

 集まったんでしょ。

 40万人の人出です。

 

 インターネットでも映像中継しましたが、

 その番組は、大嶋さん(左)司会の

 大分ケーブルテレビさんのご協力のもの。

 き、気がつけば、たま嬢は車に乗って

 おられます。

 このあと、ぱっちん踊りも披露して

 みせました。

 藤野家のさおりちゃん、りさちゃんも

 友成の肩車に・・・というのは無理であり、

 だっこして、人ごみからぱっちんを見ました。

 2人とも細いのに、やっぱりずっとだっこすると

 汗が止まらなくて、倒れにそうになります。

 友成、背がちじんだ気いたします。

 やっぱり、帰りは都町のイベント広場へ。

 ビール。ビール。

 フラメンコあり、雪降りあり、演歌あり、

 いろいろあります。

 じゃーん! 

 ラムネ買って、「シャランQ」のTシャツ

 あたりました。

 「いらん・・・」

 府内ぱっちん、やっぱりいいわぁ。

 映像は、ここで見てね。