復旧しなきゃ!

                    Reported by 徳丸和秀


ある晴れた日曜日。私はたまった仕事を片づけに

ハイパーステーションへやってきた。

そこには、やはり、たまった仕事と格闘している藤野さんの姿があった・・・

(ふじ)カタタタタタタタ!かちかちっ(キーボードとマウスの音)

  「ハイパー・カンフがこけている!」

(とく)カタカタカタ・・・カタ・・(キーボードの音)

  「ほんとだ!復旧しなきゃ!」

 

早速、殿下(ハートの葛城さん)に電話で教えてもらい、プロキシ・サーバの再立ち上げをやる

・・・復旧しない・・・プロキシの向こうの電子会議サーバがこけているのだ。

 

 

そこへ、殿下から連絡をもらった

よっしー(ハートの吉本さん)が登場。

(よし)「・・・あれっ?

    うまく立ち上がらないなあ・・・」

(とく)「ハードの故障?」

(よし)「いや・・・ハードディスクは

    認識はするからたぶん違うと思うん

    だけど・・・あっ、止まった・・」

(とく)「応援を頼もう」

 

 

・・・と言うわけで、

馬場さん(NTT大分支店)が休日返上

して駆けつけてくれた。

(ばば)「どれどれ」・・・カタカタカタ

   「うーん・・・」

   ぶつっ!(電源を入れ直す音)

(よし)「あっ、立ち上がった。・・・

    でもボリュームがマウントされ

    てないね・・・」

 

 

−−− こうして復旧作業が始まった −−−

 

続いて、駆けつけてくれた

遠山さん(NTT大分支店 課長代理)と山下さん(NTT大分支店 課長)

 (途中、彼らの上司の上村本部長も様子を見に立ち寄ってくれました。)

 

 

−−− サーバルームでは復旧作業がつづく。

    1時間、

    2時間、

    3時間・・・

 

(ふじ)「悪いけど、子どもたちにご飯を作りに帰ります。

     カミさんがばててるから・・・」

(とく)「ご苦労さまです。大変ですね。」

(ふじ)「うん。休みがほしいいいいいいい!」

 

 

もうじき日がくれるかな・・・・と思ったとき、私の携帯電話が鳴った。

(有機酸)「徳丸さん、担当SE君のうちの前を車で通ったんだけど、

      家に帰ってきたみたいだよ!今なら捕まると思うよ!」

(とく) 「ありがとう!」

 

そう。実は彼は私からの電話を受けて、担当SEこと首藤さん(富士通)

の行方を追ってくれていたのだ。早速、担当SE氏へ連絡、応援を要請!

 

−−− 夕暮れ。

 

(とおやま)「徳丸さーん、マルチメディア電子会議に入れるかどうか試して下さい。」

(とく)  「了解!」カタカタ・・カチッ・・「おお!ログインできた!」

 

 

そこへ、担当SE氏が登場!

(しゅ)「では、早速テキスト・コアラとの

     連動を開始しよう。」カタカタカタ・・・

 

 

 

 

 

 

 

 (全員)「やった!」

     「よかった!」

     「なんとか復旧だ!」

(ばば)「じゃあ、愛する妻に迎えにきてくれって電話しよう!」

(とう)「じゃあ、ボクは送ってあげなくていいね。」

(やま)「じゃあ、ボクは労働組合に電話して帰ろう。」

(よし)「じゃあ、ボクは局長に電話しよう!」

(しゅ)「いやあ、真夜中にならなくて良かった。かえろうっと。」

(とく)「じゃあ、ボクはインサイダー書こうっと。」

 

 というわけで、6:30。

 緊急対策チームは解散したのでした。

 

 

休日返上で駆けつけて

下さった皆さん、ありがとう!

 ご苦労様でした!!

 

       by K.Tokumaru

 

 

編集後記

・・・そんな訳で、たまった仕事はやっぱりたまったままの日曜日でした。

   明日もがんばろっと・・・