百聞一見システムについて
2001年11月15日リニューアルオープン windowsバージョン
※マック版は現在用意されていません
【3】コアラID所有者向け投稿・レスポンスの方法

(1)投稿用post2.exeプログラムのインストール
(2)会議室への参加登録方法
(3)投稿ソフトの使い方
(4)もっと簡単に!簡易投稿・レスポンスの方法 ←初めての方はまずこちらでお試し下さい。
(5)自分の発言やレスポンスを削除する方法
(6)発言やレスポンスにリンクを張る方法

 

(1)投稿用post2.exeプログラムのインストール

 コアラから投稿用プログラムをダウンロードします。クリックしてあなたのパソコンに保存して下さい。
 >>> 百聞一見投稿ツールのダウンロードはこちらをクリック

↑ディスクに保存するにチェックしてOKをクリック!


↑適当なところに保存する場所を設定して保存をクリック!


↑次へをクリック!(「完了」となるまで進めてください。)


↑投稿するサーバは www2.coara.or.jp と指定してOKをクリック!
※プロキシーサーバは、お客様の社内でプロキシーサーバを利用されている場合に必要であり、一般的な利用では空欄でかまいません。
※使用するHTMLエディタをここで指定しておくと、実際に投稿する場合、投稿プログラム(post2.exe)のファイル指定画面から、ボタンクリックでここで登録しているエディタを起動することができます。

(2)会議室への参加登録(参加取り消し)方法

 会議室で発言・レスポンスを投稿するには、その会議室に参加登録をしなくてはなりません。(一部会議室を除く。)ここでは、その参加方法について説明します。

↑参加したい会議室に入り、 画面右上のツールバーを見てください。
※参加登録をするためには、百聞一見のユーザー名とパスワードでログインしてください。コアラのホームページでは、「会員レス可」と書いているところをクリックすると、そのレポートがある会議室にあなたのユーザー名でログインできるようになっています。(発言やレスポンスを読むを参照


↑参加登録(参加取消)メニューをクリック!

(3)投稿ソフトの使い方

 あらかじめ作っていたHTMLファイルを指定して発言やレスポンスをアップロードする方法と、その場で簡単はページを作ってアップロードする方法があります。ツールバーでは、前者を「投稿」、後者を「簡易」と表現しています。

 まずは「投稿」の方法を説明しましょう。
●●● 「投稿」形式で投稿する場合 ●●●

↑投稿したい会議室に入り、 画面右上のツールバーを見てください。
※参加している会議室でのみ発言・レスポンスを投稿できます。参加登録の方法は上記(2)を参照してください。
※デモIDで会議室に入った場合、発言やレスポンスができない場合があります。発言・レスポンスをするためには、百聞一見のユーザー名とパスワードでログインしてください。コアラのホームページでは、「会員レス可」と書いているところをクリックすると、そのレポートがある会議室にあなたのユーザー名でログインできるようになっています。(発言やレスポンスを読むを参照


↑発言の「投稿」をクリック!


↑はじめにこのような画面が出てきます。


↑次にダウンロードをするかという問いが出てきたら、「保存をする」を選択してOKをクリックしてください。


↑あらかじめ作っていたHMLファイルを指定して「直接送信する」をクリック!


↑OKをクリック!


●●● 「投稿」形式でレスポンスする場合 ●●●
※「投稿」形式でレスポンスをつける場合は、レスポンスをつけたい記事からログインします。

↑レスポンスしたい発言を表示して、上部にある「ログイン」のボタンをクリック!


↑レスポンスをつけたい発言の右上の「投稿レス」をクリック!


↑はじめにこのような画面が出てきます。


↑次にダウンロードをするかという問いが出てきたら、「保存をする」を選択してOKをクリックしてください。


↑あらかじめ作っていたHMLファイルを指定して「直接送信する」をクリック!
注意:postプログラムを使って投稿して、
     文字は投稿できても写真が投稿されないという現象
について。
 本プログラムは、フォルダ名が英数小文字16文字(日本語では8文字)以内でないと、そのフォルダを認識できず、そのフォルダ内の写真などのファイルを百聞一見サーバに投稿できないというエラーが発見されました。
 そのような場合、恐れ入りますが、写真などを格納しているフォルダ名(その上位の親フォルダも同じです)を文字数を少なくして投稿してください。(平成14年8月18日)


↑OKをクリック!

(4)もっと簡単に!簡易投稿・レスポンスの方法

 「簡易」で投稿・レスポンスする方法なら、ホームページを作ったことがない方でも簡単にできます。
●●● 「簡易」形式で投稿する場合 ●●●

↑投稿したい会議室に入り、画面右上のツールバーを見てください。
※参加している会議室でのみ発言・レスポンスを投稿できます。参加登録の方法は上記(2)を参照してください。
※デモIDで会議室に入った場合、発言やレスポンスができない場合があります。発言・レスポンスをするためには、百聞一見のユーザー名とパスワードでログインしてください。コアラのホームページでは、「会員レス可」と書いているところをクリックすると、そのレポートがある会議室にあなたのユーザー名でログインできるようになっています。(発言やレスポンスを読むを参照


↑発言、の「簡易」をクリック!


↑タイトル、パターン、文字、背景を入力して上部の「投稿」ボタンをクリック!
※文字は「文書」と書いている項目の <pre></pre> と書いているところの間に書き込みます。(ex:<pre>このように書き込んでください。</pre>)
※お好みによって、画像も一緒に投稿することができます。その際は、「画像」の横にある「参照」ボタンを押して、投稿したい画像を保存した場所(ファイル名)を選択して「開く」を押せばOK。


●●● 「簡易」形式でレスポンスする場合 ●●●
※「簡易」形式でレスポンスをつける場合は、レスポンスをつけたい記事からログインします。

↑レスポンスしたい発言を表示して、上部にある「ログイン」のボタンをクリック!


↑レスポンスをつけたい発言の右上の「簡易レス」をクリック!


↑タイトル、パターン、文字、背景を入力して上部の「投稿」ボタンをクリック!
※文字は「文書」と書いている項目の <pre></pre> と書いているところの間に書き込みます。(ex:<pre>このように書き込んでください。</pre>)
※お好みによって、画像も一緒に投稿することができます。その際は、「画像」の横にある「参照」ボタンを押して、投稿したい画像を保存した場所(ファイル名)を選択して「開く」を押せばOK。

(5)自分の発言やレスポンスを削除する方法

 自分の発言やレスポンスで訂正をしたい場合は、一度その投稿を削除してからアップロードしなおす必要があります。削除の方法は以下の通り。

↑削除したい記事がある会議室に入り、投稿一覧の画面右上のツールバーを見てください。


↑「詳細メニュー」をクリック!


↑「発言削除」をクリック!


↑削除したい記事の番号を入力して「削除」ボタンををクリック!

(6)発言やレスポンスにリンクを張る方法

 あなたのホームページから直接百聞一見の中の会議室や発言にリンクすることができます。その場合、以下の二通りがあり、それに従って多少リンク方法が異なります。

 【A】ユーザー名、パスワードを聞かずにデモIDでログインしていく方法
 【B】コアラメンバーとしてユーザー名、パスワードを聞いてログインする方法
   ※書き込みを行うときは、【B】の方法でなければいけません。

【A】ID、パスワードを聞かずにデモIDでログインしていく方法(認証なし)

(1)発言画面のみが直接現れる方式
以下のように記述します:
http://www2.coara.or.jp/cgi-bin/demo/read2.pl?fid=◆◆&kid=●■■■■■&sno=▼▼▼▼&rno=▲▲▲

[会議場指定] fid=◆◆ = 会議場番号(01〜99 2桁)
[会議室指定] kid=●■■■■■ = 1+大会議室番号(3桁)+分科会番号(2桁)(00000〜99999)
※会議室には、A会議(親会議)と、その中で開かれるB会議(子会議)とがあり、会議室番号で区別されています。
大会議室番号とは、A000〜A999 の間の番号で、子会議番号とは、B00〜B99までの番号です。
(例:A100B10 ← A100会議室内で開かれている「B10」子会議。)
[発言指定] sno=▼▼▼▼ = 発言番号(0〜19999)
[レスポンス指定] rno=▲▲▲ = レスポンス番号(0〜254) 
※なお、このレスポンス指定を省略可能です。その場合、レスポンス番号=000、すなわち発言そのものが表示されます。


事例:
http://www2.coara.or.jp/cgi-bin/demo/read2.pl?fid=02&kid=110000&sno=0002&rno=000

(2)発言の一覧画面を表示しつつ、発言内容画面が出てくる方式
以下のように記述します:
http://www2.coara.or.jp/cgi-bin/demo/login.pl?fid=◆◆&kid=●■■■■■&sno=▼▼▼▼&rno=▲▲▲

事例:
http://www2.coara.or.jp/cgi-bin/demo/login.pl?fid=02&kid=110000&sno=0002&rno=000

【B】コアラメンバーとしてID、パスワードを聞いてログインする方法(認証あり)

(1)発言画面のみが直接現れる方式
以下のように記述します:
http://www2.coara.or.jp/cgi-bin/mmc/read2.pl?fid=◆◆&kid=●■■■■■&sno=▼▼▼▼&rno=▲▲▲

事例:
http://www2.coara.or.jp/cgi-bin/mmc/read2.pl?fid=02&kid=110000&sno=0002&rno=000

(2)発言の一覧画面を表示しつつ、発言内容画面が出てくる方式
以下のように記述します:
http://www2.coara.or.jp/cgi-bin/mmc/login.pl?fid=◆◆&kid=●■■■■■&sno=▼▼▼▼&rno=▲▲▲

事例:
http://www2.coara.or.jp/cgi-bin/mmc/login.pl?fid=02&kid=110000&sno=0002&rno=000

Copyright(C) 株式会社コアラ /全てのイメージやテキストの転載を禁止いたします

大分コアラ / 天神コアラ / 百聞一見システムについて