臼杵坂ノ市有料道路・大分湯の平有料道路の無料化について


 臼杵坂ノ市有料道路及び大分湯の平有料道路が、平成14年12月1日(日)から無料となりました。
臼杵坂ノ市有料道路の概要
○建設の趣旨
   県道臼杵坂ノ市線は、険しい御所峠を越えるため、急な坂やカーブが多く、通行に不便をきたしていました。
 このような不便さを解消するためと県都大分市と県南地域を結ぶ重要な役割を担う路線として建設されました。
 現在は「県内60分圏域内30分道路交通圏構想」の60分路線でもあります。
○事業の概要
 
道路名 :県道臼杵坂ノ市線
有料道路名 :臼杵坂ノ市有料道路
総延長 :7.2km
総事業費 :72億6000万円
工事期間 :昭和47年12月から昭和53年11月(約6年間)
料金徴収期間 :昭和53年11月14日から
 (当初計画) 平成20年11月13日まで(30年間)
料金徴収期間 :昭和53年11月14日から
 (変更後) 平成14年11月30日まで
利用した車両 :51,712,229台(10月31日現在)
 
大分湯の平有料道路の概要
○建設の趣旨
   県道湯平温泉線は、九州横断道路(やまなみハイウェー)に通じるアクセスとして観光振興に欠かせない道路でしたが、未整備区間が多く、道路の線形も悪く、幅員も狭小で、交通に支障をきたしていました。
 このため、緊急に整備する必要のある区間を有料道路として建設しました。
 なお、九州横断道路(やまなみハイウェー)は、日本道路公団の有料道路「別府阿蘇道路」の通称や愛称であり、平成6年6月25日に無料化されました。
○事業の概要
 
道路名 :県道湯平温泉線
有料道路名 :大分湯の平有料道路
総延長 :823m
総事業費 :9億2000万円
工事期間 :昭和51年 3月から昭和56年 3月(約5年間)
料金徴収期間 :昭和56年 3月30日から
 (当初計画) 平成23年 3月29日まで(30年間)
料金徴収期間 :昭和56年 3月30日から
 (変更後) 平成14年11月30日まで
利用した車両 :4,431,420台(10月31日現在)
 

 

問い合わせ先
  土木建築部道路課
内線 4570(TEL 097−533−2686)