新刊ニュース(トーハン)2002 No.618(2002年1月1日発行)
アンケート特集・2001年印象に残った本  
大分県知事 平松守彦


    “印象に残った本”アンケートに回答し掲載された内容です。



【1】指揮官たちの特攻 城山三郎著(新潮社)
 大分県津久見市出身の中津留大尉は終戦の「玉音放送」の後、最後の特攻隊として出撃。花びらのごとく散った青年指揮官たちの純粋な心情と戦争の悲惨さを描く。
 
【2】仕事の指針 心の座標軸 PHP研究所編(PHP研究所)
 各界で活躍している経営トップが「仕事」を語る。長引く経済不況、社会不安のなかをいかに生き抜くべきかの指針が満載。
 
【3】どっかん!(1) 能田茂著(集英社・ヤングジャンプコミックス)
 若者に人気の雑誌「ヤングジャンプ」に連載中。国から独立した市民が主人公で、私の道州制を主張する。若者に読ませたい。