コアラシネマ
シネマ予告編 シネ・リーブル博多駅1・2 大分のシネマ 掲示板
シネマコラム シアターサイト リンク
シネマコラム
 アルファ・ドッグ 破滅へのカウントダウン
   
 
 嘔吐下痢症に続いてまたもや風邪を引いてしまいました。なんで最近こんなに病気がちなんだろう…やっぱり太ったことが原因だろうか?そう、妊娠前の体重より4キロも太ったんだよね〜。嘔吐下痢症で1キロ痩せたものの、病気で痩せるなんて不健康きわまりない。なんとかならないものでしょうか…

 ジャスティン・ティンバーレイクがかる〜いチンピラを演じる本作。結構時間がたってからジャスティンだってわかりました。チンピラ役似合うやん。ストーリー的には実際に起こった殺人事件を描いたドキュメンタリータッチの映画。なかなかおもしろかったです。

兄貴がチンピラで、麻薬のトラブルに巻き込まれ、。たまたま兄貴に仕返しをしようとした麻薬ディーラーの息子のところへ運悪く居合わせた弟の悲劇。なんとなく流れで誘拐しちゃったものの、誘拐は重罪と知り、安易な行動をとってしまう…。

アメリカって本当に麻薬問題って根深いんだろうな。麻薬ディーラーの父親はビジネスでもするみたいに息子に麻薬の栽培をさせるんだもんなー。

そしてあんなに取り巻きがたくさんいたのに、誰も善悪の区別がつかないなんて本当にアホだなと。麻薬が人をダメにするのか、環境かはわからないけど、子供にはちゃんとした環境と教育がないといけないよね。と思う。

蛙の子は蛙。麻薬ディーラーの子は麻薬ディーラーなんだろうか?日本でも誰でもいいから殺したかったなんていう事件が起こる限り、子供が事件を起こしたり巻き込まれたりっていうことを心配しないといけない。世界的にみても閉塞感のある世の中になってきたのかなー。と子供の未来のことを考えてしまう映画でした。

映画としても面白かったので観て損はないと思います〜。


   
天神コアラ 大分コアラ