コアラシネマ
シネマ予告編 シネ・リーブル博多駅1・2 大分のシネマ 掲示板
シネマコラム シアターサイト リンク
シネマコラム
 フェイク シティ ある男のルール
   
 
 アニメ「メジャー」の影響で全く野球とか興味なかったのに、WBCがかなり気になる今日この頃。「メジャー」の世界でも今WBCをやってて、リンクしてるのが更に面白い!ああ、日本は準決勝に行けるんだろうか?!今日のキューバ戦も気になります!

 汚職警官のお話で、キアヌ・リーブスが骨太で寡黙な警察官を演じております。キアヌはこういう渋くてクールな役が似合うね。骨太ってところがいいのだ。

汚職警官といえば、アメリカドラマ「ザ・シールド」。暴力と金で、多少の無茶もやる、こんな汚職警官、本当にいそうだ。この映画もシールドっぽい。汚職は汚職なんだけど、正義にのっとった?暴力警官。うーん、本当のところ、こういう警官っているんだろうかな?おそろしい…。

ロサンゼルス市警のトム・ラドロー刑事(キアヌ・リーヴス)は、正義のためなら少々手を汚して犯人を逮捕していた。例えば丸腰の凶悪犯を銃で撃ち、撃ち合いで死んだ風に装ったりとか。しかしかつての相棒が目の前で強盗に殺され、その理由を調べてるうちに、警官内部にうずまく大きな暗闇を見ることになる…。

正義って何?って話で、ワタシは「シールド」見てたからあまり新鮮さはなかったけど、まあ面白くはありました。最後はやっぱりそうくる?って内容だけどね。

うーん、でも警官がこんなだったら市民は誰を信じて守ってもらえばいいかわかんないよね。映画だけのお話にとどめておいて欲しいものです。

   
天神コアラ 大分コアラ