コアラシネマ
シネマ予告編 シネ・リーブル博多駅1・2 大分のシネマ 掲示板
シネマコラム シアターサイト リンク
シネマコラム
 アメリカン・ギャングスター
   
 
 LOSTのシーズン4にはまってます。飛行機がどこかわからない島に墜落し、いろいろ事情のある生存者が、島の不思議な現象や、島にある変な施設、前から島にいる「やつら」の存在などなど、いろんな謎がと絡まって、結構ドキドキするドラマです。でもなかなか謎が解けないんで、業を煮やしたダンナはシーズン3から観なくなったんだけど、シーズン4は島の謎が解き明かされてきて面白い!!機会があれば観てください〜。

 アメリカの実際にいたギャングのお話。実話ってだけでどんなものなのか興味津々だよね。事実は小説より奇なり?ってことで。

デンゼル・ワシントンが、60年代〜70年代のハーレム・ギャングのフランク・ルーカスを好演。やっぱりオスカー俳優は違うね!そのギャングを追う潔白の刑事を演じるのが、映画界の暴れん坊・ラッセル・クロウが演じます。なんか彼が誠実な警官っていうのもおかしいけど、彼もオスカー俳優なんだー知らんかった。

ギャングのボスの運転手をしていた男が、彼の死後、めきめきと頭角を現し、マフィアの下請けだった黒人のギャングの地位を、同等にまであげた功労者(?)きっとアメリカの黒人ギャングには崇拝されている存在なんでしょう。

しかしフランク、すごい行動力とひらめきで、純度の高いヘロインの密輸を成功させたりと、これを悪知恵ではなく、ビジネスで活かしたら、もっと世界的に知れ渡る偉人になったかもなのにね。こういう抜きん出た人がいるから、ギャングとかマフィアってなくならないんかねー。

デンゼル・ワシントンが悪い人の役をするのが新鮮で、キレたところか必見です。結構長い映画なんだけど、割と苦にならずに観られました。そんなにドンパチシーンもないしね。重厚で、なかなか面白い映画でしたー。

   
天神コアラ 大分コアラ