コアラシネマ
シネマ予告編 シネ・リーブル博多駅1・2 大分のシネマ 掲示板
シネマコラム シアターサイト リンク
シネマコラム
 WALL・E/ウォーリー
   
 
 先日、娘・衣里がいきなり「にゃーにゃー」と猫のまねをしました。ずっとにゃーにゃー言ってます。ついでに威嚇することも覚えました。お菓子を取られそうになるとカッ!と口を開いて威嚇します。幼児っていろんなことするんだね〜。

2008年12月公開予定の「WALL・E/ウォーリー」。試写会で一足先に見ちゃいました!かわいかったなーウォーリー。ロボットだけど、切ない恋心とか、一人ぼっちの寂しさとか、なんだか人間味あふれてるんです。環境問題とかいろいろ背景があって、子供にも見てほしい映画かも!

西暦2700年の荒廃した地球。荒廃というかゴミだらけというか…とにかく人っ子一人いない。そこで一人でせっせとゴミを片付けているお掃除ロボットのウォーリー。仲間は誰もいなくて、ウォーリーが最後の生き残りなのだ、ウォーリーは昔のダンス映像でみた、誰かと手をつなぐことにあこがれている、ロマンチックなロボット。人間も動物もいない地球で、友人のゴキブリとゴミを毎日掃除して暮らしてた。一体地球になにがあったのか?というのが最初の疑問。

と、ある日、カプセルが落ちてきて、中から真っ白くてつやつやの新型ロボット・イヴが出てきた。最初は様子を見てたウィーリー。イブはなにか探してるみたい?であっちこっちウロウロ、レーザーガンでまわり打ちまくり。

仲間がいて、うれしくてしょうがないウォーリーは、イブに興味津々。思い切って話しかけてみる。そして自宅に招き、いろいろとウォーリーの宝物を見せてあげると…。

ウォーリーとイブの関係、地球に起こった事、人間はどうしちゃったの?とか見所満載。すごく面白かったです。ウォーリーがひたむきにイブに尽くすところなんか、うちにも一台ウォーリーが欲しい!!と思ってしまいます…。

しかしねー、人間だらしなさすぎ!!便利になりすぎてもよくないよね〜。なんか明るいタッチで未来への警告がわかる映画です。最初にも書いたけど、子供にはわかりやすくていい映画かも。親子で楽しんでもらいたいです!

   
天神コアラ 大分コアラ