コアラシネマ
シネマ予告編 シネ・リーブル博多駅1・2 大分のシネマ 掲示板
シネマコラム シアターサイト リンク
シネマコラム
 王の男
   
 
 最近会う人会う人に痩せた?って言われるワタシ…。痩せたというか貧相になったというか…。やっぱり健康的にちょっとふっくらしてたほうが、いいと思う今日この頃です。


 ワタシ、あまり韓国映画は観ないんですが、これは別!だって同性愛ネタだしね〜。(昔から大好物)それにしてもイ・ジュンギの美しいこと…。女装が似合うな〜。いいキャストだと思います。

地方の旅芸人一座の花形チャンセン(カム・ウソン)と女形のコンギル(イ・ジュンギ)は、宮廷を皮肉ったあやうい芸で悪政に苦しむ庶民の心を掴み、一躍人気者になった。しかしこのことが宮廷にばれ、王を笑わせることが出来ないと、死刑だ。と言い渡される。そこで王の前で、王を笑いものにした芸を披露することになるが…。

女形のコンギル(イ・ジュンギ)の妖艶な演技がステキ。で、彼をいつも守っているやさしくて頼りになるチャンセン(カム・ウソン)。いい関係だわ〜ってところに、暴君の王様がコンギルを気に入ってしまうんですね〜。すごい三角関係になって、コンギルに嫉妬する王の妻なんかが入ってきてなんて面白い展開!っていう脚本も面白いですが、なにせ役者全部もいいものだから、この映画よく出来てると思います。

韓国の映画は、無理なお涙頂戴的なところや、超純愛ものばかりかと思ってたけど、「チャングム」に続いて、歴史物って結構いけるんだな〜と感心したのであります。

   
天神コアラ 大分コアラ