コアラシネマ
シネマ予告編 シネ・リーブル博多駅1・2 大分のシネマ 掲示板
シネマコラム シアターサイト リンク
シネマコラム
 クローバーフィールド/HAKAISHA
   
 
 お久しぶりです!松永です!!育休が終わって復帰しました!復帰ついでに名前も旧姓の松永から大塩に変更したいと思います。これからもよろしくお願いします!

 なにかがNYを襲った。崩壊するビル、切り落とされる自由の女神の首…。一体何がNYを襲ったのか!?っていう予告編を観て、ふーんと思ってたけど、撮影方法が斬新だっていうんで、観てみました。「ロスト」のJ・J・エイブラムスが監修してるみたいだしね。家庭用のビデオカメラで撮影してるっていう設定なんだけど、こういうドキュメンタリー風の映像って手ぶれでよってしまうかなーと思ったんだけど、意外に平気でした。

 最初はホームパーティで騒ぐ若者達をビデオカメラで撮影してるって所から始まります。結構このシーンが長くて、大丈夫か?この映画って思ってしまいましたが、轟音と共に一変するのだ。とにかく何かが襲ってきて、大パニックになる。主人公の男子・ロブとカメラを回してるロブの友人、後ロブの弟の彼女とその友人、計4人で逃げまわる。で、ロブの彼女がビルに閉じ込められてるって気付いて、救出しにいくんですね。

とにかく怪物がなんなのかよくわかんない。あまり見せないようにして、恐怖心をあおぐっていうのが今回の手法みたいなんだけど、これは成功してると思われます。まあ中盤くらいでその全貌はみられるんですが、詳細はあきらかにされないんだよね。

ラストはあああ〜っていうような感じですが、ドキュメンタリータッチに映画なんでありなのかなと。しかし、モンスターはなんかもうちょっとなーって感じはしますが。ドキドキ感はあったかな。撮影の仕方はあったようで今までなかったって感じがいいと思いますね〜。すっごいコワイってわけじゃないんで、ホラー嫌いでも楽しめると思いますよ〜。
   
天神コアラ 大分コアラ