コアラシネマ
シネマ予告編 シネ・リーブル博多駅1・2 大分のシネマ 掲示板
シネマコラム シアターサイト リンク
シネマコラム
 恋愛睡眠のすすめ
   
 
 明日はホワイトデー。何だかバレンタインデーよりも盛り上がりに欠けるのは、私とは無関係なイベントだから?!最近ホワイトチョコにハマっているので、また自分のためにおいしいチョコでも作ろうかな〜☆


 今週ご紹介する作品は「恋愛睡眠のすすめ」というフランス映画。どういう作品か全く知りませんでしたが、メルヘンチックなDVDジャケットに惹かれて見てみることに。ガエル・ガルシア・ベルナルの作品は、今イチ理解できないものが多い私なんですけどね〜…。この作品はどうだろう??

 パッとしない人生を送るステファン(ガエル・ガルシア・ベルナル)は父の死をきっかけに、住み慣れたメキシコから母のいるパリへ帰郷。そこで彼は、アパートの隣に引っ越してきたステファニー(シャルロット・ゲンズブール)に恋をする。しかし、奥手の彼はなかなか自分の想いを伝えることができず…。次第に彼女との関係が成就した夢の世界に逃避するようになる。

 う〜ん…やっぱりよく意味が分からなかったです…。しかもこれまでの作品は、分からないなりにちゃんと最後まで観る事が出来ていたのですが、今回はそれさえもちょっと厳しかった…。ところどころ私の方が夢うつつになりながら、何とか最後まで放り出さずに鑑賞しました。まあ、恋愛睡眠をすすめているんだから、観賞睡眠もきっと許される…よね?!

 要は全てが夢だったのか、現実に恋が成就したのか…何もかもがあやふやなまま終わってしまい、白黒きっちりつけたい派の私には、中途半端で後味が悪かったです。こういう作品は何がどうと細かく考えず、感覚で何となく楽しまないといけないのかもしれません。

 芸術的な世界観というか、アート感覚のある方は恐らく私とは違う感想を持つのでは?!ふわふわした不思議な世界が広がっていて、好みが分かれる作品だと思います。

   
天神コアラ 大分コアラ