コアラシネマ
シネマ予告編 シネ・リーブル博多駅1・2 大分のシネマ 掲示板
シネマコラム シアターサイト リンク
シネマコラム
 Gガール 破壊的な彼女
   
 
 長かった連休も終わり新しい年が始まったと思ったら、今週末は成人式のため3連休。嬉しいナ☆私が成人したのはかれこれ○年前…懐かしいわ〜。超厚化粧して撮った写真は、一生封印と誓ってます!


 今週は「Gガール 破壊的な彼女」という作品をご紹介。DVDのジャケットになっているスタイル抜群の女優さんが、ず〜っと誰なのか気になっていました。どこかで見たことある…と思っていたら、『キル・ビル』シリーズに出演していたユマ・サーマンだったと判明。あ〜、スッキリ!

 建設会社で働くマットは、地下鉄で眼鏡の美人をナンパ。最初はつれない態度をとられるマットだったが、ひったくりにあった彼女の鞄を取り戻したことで、何とかデートの約束をとりつける事に成功する。そうして晴れて恋人同士になれたものの、デート中に席を立ったかと思うと顔を黒くして戻って来るなど、挙動不審な点が多い彼女にマットは疑問を抱くようになる。その頃、ニューヨークは超人的パワーを持つ正義の味方“Gガール”の話題でもちきりだったのだが、実は彼女こそがそのGガールで…。

 ニューヨーク市民にとっては正義の味方に映っているGガールですが、あくまでひとりの女性としてのGガールを描いた作品。なので、愛しのマットが会社の同僚と話しただけで激しく嫉妬して、とんでもないお仕置きをする悪人っぷりが全編にわたって描かれていて、とにかく笑えます!

 そもそも空を飛んだり怪力使ったりするGガールの設定そのものが現実ではあり得ないので、こんな恋愛あるわけねーだろ!とツッコミたくもなりますが、そこは頭を空っぽにして楽しみましょう。というか、頭を空っぽにして観るべき作品ですね…。

 だけど…現実にあり得ないとは言っても、嫉妬に狂った女性はもしかしたら超人的なパワーを持つものなのかもしれませんね〜。男性のみなさん、気を付けて下さいネ☆

   
天神コアラ 大分コアラ