コアラシネマ
シネマ予告編 シネ・リーブル博多駅1・2 大分のシネマ 掲示板
シネマコラム シアターサイト リンク
シネマコラム
 ラブソングができるまで
   
 
 もうすぐ嬉しいクリスマス☆みなさん、もうケーキの予約はしましたか?!悲しいことに、特に予定はありませんけど…私もちゃっかりケーキだけは予約しております。楽しい1日になると…いいナ…。


 今回ご紹介する作品は「ラブソングができるまで」というラブ・コメディ。またしても私の大好きなドリュー・バリモア主演作。しかもお相手はヒュー・グラント。彼も『ブリジット・ジョーンズの日記』をはじめ、多くのラブコメに出演していますからね〜。ラブコメと言えばの2人が初共演した一作です!

 80年代に一世を風靡したポップスターのアレックスは、今ではすっかり落ち目。仕事もなく、毎日興行を細々とこなしていた。そんな彼のもとに、人気絶頂の歌姫からデュエット曲の作曲と収録のオファーが!絶好のカムバック・チャンスを得るアレックスだったが、困ったことに作詞の経験は持っていない。思い通りの歌詞が浮かばず悩む彼だったが、作家志望のソフィーが偶然口ずさんだ言葉にピンと来る。そこで、拒否する彼女を巻き込んで、一緒に歌作りを始めるのだが…。

 ラブコメであり、2人のサクセスストーリーでもあり、現実にはあまり起こらないだろうっていう内容でしたね。そういう意味では感情移入しにくい作品だったカナ。何だかこれまでのドリュー作品みたいにキュンとなる部分もなかったし…。ちょっと消化不良なところがあるのは否めません。

 だけど、作品中に使われている音楽はすごく良かったです。それに、途中にちょこちょこ出てくる、いかにも80年代っていう感じのファッションだとかPVだとかに笑えました。これがカッコ良いとされてる時代だったんだな〜って。エンドロールにも物語があり、最後まで手を抜いていないのも良かったし。

 特別オススメ!!という訳でもありませんが、考えたり悩んだりせず軽〜く見れる作品なので、ちょっとリラックスしたい時なんかに良いかもしれません。

   
天神コアラ 大分コアラ