コアラシネマ
シネマ予告編 シネ・リーブル博多駅1・2 大分のシネマ 掲示板
シネマコラム シアターサイト リンク
シネマコラム
 KISSing ジェシカ
   
 
 最近怠り気味だったお料理に久々挑戦!作ったのはカルボナーラ。鶏肉を使ってみたのですが、炒め足りなかったようでお肉は生…。翌日お腹壊して、ちょっぴりブルーでした…。イカンなぁ〜。


 今週は「KISSing ジェシカ」というコメディ作品をご紹介。2001年の作品と、ちょっと古めです。だけど、私が本作品を知ったのは少し前。それ以来、面白そうなので見てみたいな〜とずっと思っていたのです。やっとこさレンタルする事が出来ました〜!

 新聞社でエディターとして働くジェシカは28歳の独身女性。兄は婚約し、一番の親友は妊娠、職場のボスは元カレ、という状況の中、男運の悪い彼女は未だに“運命の人”に巡り逢えないでいた。そんなある日、とある恋人募集の個人広告を発見。彼女の大好きなリルケの詩を引用したその広告に特別な感情を抱いたものの、それはなんと女性が出した“女性の恋人募集”の広告だった。それでも、男性との付き合いに不満を感じていたジェシカは、思い切って広告主のヘレンと連絡を取るのだった。

 内容も面白かったけど、何よりも視点が面白いと思いました。異性愛者である(少なくともヘレンに出会うまではそうだった)女性が、同性に恋をするというストーリーが斬新じゃありませんか?!恋愛対象になるならないは別にして、素敵な同性に憧れる事ってありますよね。そういう意味では、誰もが100%異性愛者だと言い切る事は出来ないのかもしれないなぁ〜…って思います。

 同性愛と言っても、全くナーバスな感じではありません。恋に悩む女性の姿が爽やかに描かれています。相手がどういう人であれ、恋する女性の気持ちは同じ。女性のみなさんは、ひとつの恋愛スタイルとして、うんうん、って頷ける部分も結構あるのでは?!

 派手な作品ではありませんが、だからこそ身近に感じられる作品に仕上がっています。ちょっといつもとは趣向の違う作品を見たいな〜という時にオススメです。

   
天神コアラ 大分コアラ