コアラシネマ
シネマ予告編 シネ・リーブル博多駅1・2 大分のシネマ 掲示板
シネマコラム シアターサイト リンク
シネマコラム
 スタンドアップ
   
 
 気が付けばもう2月中旬。暖かいままで3月に入るんですかね〜。ワタシは寒いの嫌いなんでうれしいですが、花粉症のダンナは早くもぐすぐすしています。花粉症…いつかワタシもなるんだろうか?

 実話を基にした初めてのセクハラ訴訟のお話。思った以上にハードで、この時代に男性社会の中で働くのがどんなに大変だったか…。そんな逆境に立ち向かう勇気ある女性をシャーリーズ・セロンが好演しています。

夫の暴力に耐えかねて、自立しようと故郷のミネソタに帰ってきたジョージー。二人の子供を自分の手で育てようと、父親と同じ職場の給料のいい鉱山での仕事を選ぶ。しかしそこは、根っからの男社会で、同時期に入ってきた女性達は壁に卑猥な落書きをされたり、あらん限りのセクハラを受ける。男性の言い分は、女が男の仕事を奪ってるから、そんな扱いは当然といった態度。最初は耐えてたジョージーもある事件をきっかけに、会社を告訴することに…。

ひえーと思うようなセクハラ(というかほとんど犯罪)に、ただもうびっくり。女性だという理由で、仕事を与えないわけにはいかないので、しぶしぶ仕事をさせているという態度の会社。職を失いたくない為に、女性であっても告訴の支持しない同僚。学校でも差別を受けるジョージーの子供など、問題は本当に深刻だ。そんな周囲から孤立しても、自分と子供達の権利を主張するため、立ち上がったジョージーの勇気にただただ感服します。

ワタシがジョージーの立場だったらどうするだろう?多分はじめっから鉱山で働かないだろうな。安月給でも最初の床屋さんのシャンプー係におさまってたろうな、と。強い女性って本当に尊敬する。ワタシももうすぐ母になる身。ジョージー見習って、自立した強くて美しい女性を目指したいものです!


   
天神コアラ 大分コアラ