コアラシネマ
シネマ予告編 シネ・リーブル博多駅1・2 大分のシネマ 掲示板
シネマコラム シアターサイト リンク
シネマコラム
 
 アイランド
   
 
 美しいスカーレット・ヨハンソン。透明感あるよね〜。しかしプライベートは結構なおじ様キラーなんだとか。恋多き女性なのだ。ぽってり唇と金髪でいろんな男性と浮名を流しているんでしょうな〜。最近の恋人はジョシュ・ハートネットらしいですね。わがままなヨハンソンを諭してるとかなんとか…。

単純にスカーレット・ヨハンソンが好きなので、みたいなーと思った映画ですが、ヨハンソンがSF映画?というところもあり、映画館では見なかったんですが…。結構なんでもいけるのね、スカーレット・ヨハンソン。っていう印象ですね。彼女の透明感ってSFにも合う。乗りに乗っているスカーレット・ヨハンソンです。最近公開された「マッチ・ポイント」も見に行きたいな〜。

ストーリーは、汚染された地球の中で、管理され、守られた都市空間で暮らす人々の希望は、唯一の楽園とされているアイランドへ行くこと。毎回抽選で、無作為にアイランド行きが決まる。そこで暮らす、リンカーン・6・エコー(ユアン・マクレガー)はここにきて3年、不可思議な悪夢に悩まされてきた。なにもかも管理されたこの社会に不満も持っている。親しくしているジョーダン・2・デルタ(スカーレット・ヨハンソン)もアイランド行きを切望している一人である。ある日、いるはずのない蛾を見つけ、この社会に疑問を持ち始めたリンカーン。彼はいろいろ調べるうちに、ある恐ろしい事実に気が付く…。

この話、どっかで見たことあるな〜。清水玲子の「輝夜姫」 とか設定は違えど、こんな話ですね。なので、ストーリーの衝撃度は少なかったものの、面白い映画でした。後半はアクションの連続で、なんか前半・後半差があり過ぎ!って思いましたが、エンターテイメント性のある映画ですね。

やっぱりいいのはスカーレット・ヨハンソン。ユアンもキレイだけど、もうちょっと年いっちゃってるかな…と。スカーレットの年齢からすると、もう少し、フレッシュな若者でもよかったかもね〜。悪くはないですけどね。

話の核はクローン人間、ってことなんですけど、今の技術で倫理的な問題をはずしたらクローン人間って出来てしまう技術は現代にもあるわけで、これってあり得なくない話なのかも〜と思いました。まあしかし、クローンをまるごと一体作るより、臓器だけ作るってほうが現実的かも。
特にクローン反対!って社会派映画でもないので、娯楽映画ってことで、楽しめると思いますよ。


   
天神コアラ 大分コアラ