コアラシネマ
シネマ予告編 シネ・リーブル博多駅1・2 大分のシネマ 掲示板
シネマコラム シアターサイト リンク
シネマコラム
 
 ユナイテッド93
   
 
 「ゲド戦記」!評判悪すぎですね〜。コメントも悪評ばかりで、逆にどんな映画なんだ!と見に行きたくなっちゃいますね。ワタシが思うに息子さんはジブリからださなかったらよかったと思うんです。自分でお金だして映画作ればよかったのに。ふーむ、でも注目の映画ですな。

 2001年9月11日に起きた米同時多発テロで、唯一標的に向かう前に墜落したハイジャック機“ユナイテッド93便”の機内で起こったことを描いた衝撃映画。

あのテロから5年。5年という歳月は長いようだけど、テロに巻き込まれた生存者や犠牲者の遺族などにはまだまだ短いように思えるはずです。批判もあったようですね…。この5年目という節目ということでか、9.11を題材にした映画が後もう1本制作されているようです。

いつもとかわらない日常。なのに思いもしないことがこの日は起こった。いくつかの飛行機が予期せぬ飛行ルートを飛び、「ハイジャックされた」と通信があって連絡が途絶えた。その後一機がワールド・トレード・センターに激突。事故なのか、何者かの故意なのか?状況を把握できない関係者達。そんななか、二機目がまたビルに激突。これはテロだと確信するが…。

有名ではない俳優を起用し、リアルな感じをだして、緊迫した空気を作り上げている。いつものフライトがこんな事態になるなんて、思いもしなかっただろうに…。あらすじとして、ユナイテッド93の乗客達が皆で力を合わせて勇気をだし、テロ首謀者の目論見どおりにはさせなかった。ということは皆さんご存知のことだと思う。この映画では乗客たちは決して最後まであきらめず、希望を持っていた。

この日は、本当に信じられないような光景がテレビの画面から流れていた。ビルに激突する飛行機。爆発するビル。逃げ惑う人々…。なぜこのようなテロが起きてしまったのか?そういうことも考えたい映画でした。


   
天神コアラ 大分コアラ