コアラシネマ
シネマ予告編 シネ・リーブル博多駅1・2 大分のシネマ 掲示板
シネマコラム シアターサイト リンク
シネマコラム
 
 M:i:III
   
 
 もうすぐ、「ゲド戦記」が始まりますね!宮崎駿氏の息子さんが監督をするというのも大変気になりますね〜。しかし、どこのレビューを見ても、悪評しかないってのも気になります…。今週見に行ってみようかな〜。

 トム・クルーズの代表作ともいっていい「ミッション・インポッシブル」シリーズの第3弾。最近は続き物をみることが非常に多いですが、近年の続き物は、1作目に劣らぬよう気合いを入れて制作者も作っているせいか、あまりがっかりさせられることもないですね。いつもこのシリーズには、ハラハラどきどきさせてくれるので心配なく見ましたよ!

期待を裏切ることなく、ハラハラでどきどきで、楽しめました。ああ、やっぱり面白かった〜という印象です。しかしトム・クルーズちょっと老けたな〜。予告でも流れていた爆風で車に打ちつけられるシーンをスタントなしにやってのけたのはすごいですね!!がんばってます。

お話は、スパイを引退したイーサン・ハントは教官となり、婚約者のジュリアと幸せな日々を過ごしてた。しかし教え子リンジーの危機を知らされた彼は、現場に復帰。リンジーの救出作戦に参加するが、彼女は意味ありげな言葉を残して、頭に仕掛けられた爆弾で死んでしまう。その後、一連の事件の裏に闇商人オーウェン・デイヴィアンがいることを知ったイーサンのチームは、デイヴィアンを秘密りに確保すべく、一路バチカンへと向かうのだった…。

アクションの連続で、もう行き着く暇もないくらいですが、あああ〜という間に終わります。今回はアメリカのドラマで活躍しているJ・J・エイブラムスが監督をやったので、うまくまとまっていたと思います。彼は昨年のエミー賞(全米ドラマの最高峰)受賞した実力派の監督さんなんですね。ワタシは彼の作品はかなり好きで「エイリアス」や「LOST」などもはまってみてます。

なので、監督さんもいいし、トム・クルーズは面白い脚本じゃないと出演しないっていうし、まあ面白くないわけないってことですね。安心して、映画を楽しめる、そんな作品です。


   
天神コアラ 大分コアラ