コアラシネマ
シネマ予告編 シネ・リーブル博多駅1・2 大分のシネマ 掲示板
シネマコラム シアターサイト リンク
シネマコラム
 
 秘密のかけら
   
 
 年末年始は深夜に映画がたくさん放送されていましたね〜。あれもこれも見たいけどー全部見切れない!ビデオにとっても結局見る時間がないのよね。2月には「タイ」に出張になったり、また今年も忙しくなりそう!!がんばって映画見ないとね!!

 今年の単館映画で注目していたものの一つ。上質なミステリーって感じで、何か惹かれるものがあったのさ。ケヴィン・ベーコンが出演しているっていうのも、あったのでね。

野心的な女性ジャーナリスト、カレン(アリソン・ローマン)は、15年前のショウビズ界のある事件を取材することに。1957年、人気絶頂のデュオ、ラニーとヴィンスは富と名声を手に入れたけど、ある晩、二人が宿泊するスイートルームに接客係の死体が発見される。しかし二人には完璧なアリバイがあり、事件は迷宮入りに。その後、事件をきっかけに解散した二人だが、熱心に取材するカレンを惑わせる、全く違った二人の意見。当時の関係者も何も喋らない。
偶然乗り合わせた飛行機でラニーと知り合う事になったカレンは、真実を追っていた自分が深く危険な迷宮に迷い込んでしまったことに気付く…。

こ、こんなに激しい映画だとは思わなんだ。よーく見たら、R-18指定だったのね、そうだったのね。
と、いえどもさすがアトム・エゴヤン監督、いろんな時代、時間を行き来しつつ、謎のパズルが完成していくところはとても見応えがあります。結末もあっと驚くってほどではないにしろ、落としどころとして、好きかものたらないかと思うのは人それぞれかな。

やっぱりケヴィン・ベーコンはどんどん味のあるステキな演技をすると思うのです。アリソン・ローマンのヌードも瞼に焼き付いていますが…。いろんな意味で見どころたくさんですぞー。

   
天神コアラ 大分コアラ