コアラシネマ
シネマ予告編 シネ・リーブル博多駅1・2 大分のシネマ 掲示板
シネマコラム シアターサイト リンク
シネマコラム
 
 SAW2
   
 
 2004年の見た映画で一番インパクトのあった「SAW」。もうすぐ2005年の終わるけど、私としては「故郷の香り」がかなり秀作だったな〜と思うのです。大きな起伏なない淡々としたお話を、よくあそこまで美しく感動的に作れるものだ!!すばらいしい。「SAW」は若い監督で、低予算でよく作った!!って映画です。「SAW2」はどうでしょうかね〜l。

 昨年話題を呼んだ「SAW」の続編。若干26歳のジェームズ・ワンとリー・ワネルが監督して、すごく低予算で作った作品だった。今回の「SAW2」では、新しくダーレン・リン・バウズマン と前作に続いてリー・ワネルが監督を担当。今回もハラハラドキドキさせてくれましたぞ!

情報屋のマイケルがジグソウのゲームに負けて惨殺された。その現場に残されたジグソウのメッセージはマイケルからいつも情報を得ていたエリック刑事にあてたものだった。ジグソウのアジトを見つけたエリックは、そこでモニターに監禁されている息子ダニエルと他7名の姿が…。神経性のガスを吸わされて、3時間以内に解毒剤を見つけるか、謎を解いて家の外に出ないと助からない。さあゲームを始めようというジグソウ。監禁されている息子を助けられるのか?!

前作は密室の中で、二人だけの閉塞感の中でピリピリとした緊張がものすごく怖かった。今回は人数も8人とぐっと増え(?)、家中をグルグル歩き回れることから、なんだか少し怖さが薄れた感じ。CUBUのみたいに部屋ごとにトラップがあって、クリアしないと鍵が開かなかったり、と色々とあってやはり一人、二人…と人数は減っていくんだね。前のような緊張感や新しさはないけど、雰囲気的には前作のとおり。ラストのあっと驚くオチもあります。「ジグソウは最前列で見るのが好き」っていうのが前作とおりヒントになるかしら?

しかし、前作の「SAW」を見ていない人は必ず見てから「SAW2」を見て欲しい!続き物だからね。これから3もでるんじゃないかな〜というラスト。しかし、なんでなん?って??マークの部分もありますが、無理なくスラリと見れると思います。残虐シーン多いんで、苦手な人はさけたほうがいいかも〜。怖がりの人はDVDで見てね!
   
天神コアラ 大分コアラ