コアラシネマ
シネマ予告編 シネ・リーブル博多駅1・2 大分のシネマ 掲示板
シネマコラム シアターサイト リンク
シネマコラム
 
 オープン・ウォーター
   
 
 最近見たい映画がたくさんありますわ〜。特に単館系の映画が面白い!低予算ホラーサスペンス映画「キャビン・フィーバー」や「オールド・ボーイ」の原点といわれている「復讐者に憐れみを」。どっちもちょっとグロそうなんだけど、好き系な映画です。スカッとするそうなのもみたいんだけどね〜。その中でもひんやり冷たくなりたいアナタにオススメな「オープン・ウォーター」です。

 サンダンス映画祭で話題となった本作。デジタル・ビデオによる撮影で、シンプルな映像なんでけど、海の怖さが十分に伝わって、ひんやりドキドキ、これから暑い夏に向けてぴったりの作品といえるね。

バカンスを楽しみに来たちょっと倦怠期気味の夫婦、スーザンとダニエル。彼等は翌朝、スキューバ・ダイビングをするため、ツアーボートに乗り込む。そこでガイドが勘違いして二人を広い海に置き去りにしてしまった。ただ流されるだけの二人。足元には無数のサメ。果たして二人は生き残れるのか!?

特にサメのシーンは恐ろしい。これをみたらもうスキューバなんて行けない。実際にあったお話を映画化してあるらしいけど、絶対体験したくない物語であります。サメも撒き餌して本物を呼び寄せたっていうから、迫力満点!!見えそうで見えない、サメの背びれが見え隠れするたびに身がぎゅっとなる思いでしたよ。

はーしかし、観終わった後なんとなく疲れた感の残る映画だ。本当に海で遭難してしまったみたいにね。何かを感動したり、教訓があるような映画ではないけれど、「海の恐怖」をCGやエフェクトなしに、リアルに表現しているところは見る価値ありです。ラストもね、そうか、そうなのね…。って感じでございます。船酔いしやすい人にはちょっと苦しいかも。ほとんど波に揺られているんでね。「オープン・ウォーター」でひんやり涼しんでください〜。

   
天神コアラ 大分コアラ