コアラシネマ
シネマ予告編 シネ・リーブル博多駅1・2 大分のシネマ 掲示板
シネマコラム シアターサイト リンク
シネマコラム
 
 バッド・エデュケーション
   
 
 先月行ったフランスでは「ゲイ」がたくさんおりまして、ちょっとしたカルチャーショックだった。普通にショップ店員さんとか、みんなゲイ。女の子同士で腕組んでイチャイチャしたり、キスしたり、ヨーロッパってゲイが多いんだ〜〜〜。と口をあけてみておりました。そんなヨーロッパを裏づける映画「バッド・エデュケーション」。衝撃的だったよ!。

 界で最も美しい50人に選ばれた「ガエル・ガルシア・ベルナル」主演の「バッド・エデュケーション」。実はスクリーンで彼をちゃんと見るのは初めて。映画のポスターから妖しい感じはむんむんに漂ってたけど、期待を裏切らないスゴイ映画だった!

映画監督として成功したエンリケの元に神学校時代の友人イグナシオがシナリオを持って訪ねてくる。あまりにも変わったイグナシオを訝しげに思うエンリケだが、そのシナリオは神学校での出来事を描いた作品だった。彼は本当に初恋の相手「イグナシオ」なのか?映画化することになったそのシナリオ。過去にさかのぼり、調べていくうちに段々と真実があきらかに…。

と、しょっぱなからガエル・ガルシア・ベルナルの女装姿で始まるのがスゴイ。でも結構キレイでさまになっているのだね。妖しい魅力満載です。ここの部分だけでもお腹一杯ですが、物語は真実へ!!!結構濃厚な同性愛映画です。男同士からみまくりです。こんなに美しいんだったら、女子を好きになって欲しい…。た。
と、物語につっこみいれてもしょうがないのですが、ペドロ・アルモドバル監督スゴイね!トーク・トゥー・ハー』も面白かったけど、ワタシはバッド〜の方が好き。幾重にも重なった物語をうまく一つにまとめるな〜。うんうん。この作品、監督の半自伝ってことだけど、本当かしら?ってことはエンリケが監督ってこと?!!うーむ。顔違いすぎる。

まあそれにしても、最後にはすべて明らかになっていきます。ガエル・ガルシア・ベルナルの体当たりな演技に注目です。よく…演じた。エライ。役者魂を感じた「バッド・エデュケーション」でした。

   
天神コアラ 大分コアラ