コアラシネマ
シネマ予告編 シネ・リーブル博多駅1・2 大分のシネマ 掲示板
シネマコラム シアターサイト リンク
シネマコラム
 
 コラテラル
   
 
 韓国映画嫌いだったワタシですが、最近は韓国ドラマにはまっております…。流行病に冒されたみたいでなんか悔しい気分もするけど、でも面白いんだも〜ん。お気に入りは深夜にやってる「秋の童話」。ありえーん!ってつっこみいれながら楽しく見ています。なんでこんなに面白いんだろう?今一番解明したい謎ですなー。

 トム・クルーズが初の悪役を演じた「コラテラル」。出演する映画を吟味して選んでいる彼の映画は「ハズレがない」と言われているよね。

 堅実なタクシー運転手のマックス(ジェイミー・フォックス)。高級車でハイヤーの会社を作りたいと資金を貯めている。そこへマックスの運転するタクシーにたまたま乗ったヴィンセント(トム・クルーズ)。彼は一晩で5人の客に会うからとマックスに運転を頼む。引き受けたマックスを待っていたのは、タクシーの屋根に落ちてきた死体。ヴィンセントの「仕事」は一日に5人暗殺することだった。巻き込まれたマックスは、ヴィンセントに手を貸す羽目に…。

ストーリー的には難なく終わったーって感じです。でも面白いのは面白い。タクシードライバーと殺し屋の奇妙な友情?やりとりが面白かった。にしても派手な殺し方、ヴィンセントは本当に腕利きの殺し屋なんだろうか?って疑問は起こるけど…。だって証拠残しまくりなんだもん。まあ映画だからいいか。トム・クルーズの演技が凄みがあってよかったよ。

見る前から展開は読めていたんだけど、ヴィンセントとマックスの心の変化に注目かしら。ヴィンセントはマックスが羨ましかったのかも。まっとうな仕事をして、夢を持って生きている彼が。深読みしすぎ?ヴィンセントは単なる冷徹な殺し屋かしら?あなたはどう思いますかね?
   
天神コアラ 大分コアラ