コアラシネマ
シネマ予告編 シネ・リーブル博多駅1・2 大分のシネマ 掲示板
シネマコラム シアターサイト リンク
シネマコラム
 
 ソウ
   
 
 マスコミ試写会は結構いってるんだけど、普通の一般の試写会っていったことなかったのね。で、この「ソウ」はどうしても見たかったので、情報誌「フクオカ」に試写会プレゼントがあったので応募してみた。忘れたころに当選チケットがきて大喜び!早速見に行きました〜。

 プレゼント試写会で当たった「ソウ」。サイコサスペンス的な予告編を見てから絶対見る!と心に決めていたのです。よかったー応募しといて。当たるもんだね。公開二日前にあった試写会に行きましたわ。

 朽ち果てたバスルームで目覚めた医者のゴードン博士とカメラマンのアダム。それぞれ部屋の端に鎖でつながれ、その間に頭を拳銃で撃ちぬいた自殺死体が。二人が持っていたテープには連続殺人鬼「ジグソウ」からのメッセージが。時間まで謎を解かないと、二人とも死ぬ。謎の鍵は銃弾一発、男の妻子の写真、タバコ2本、着信のみ可の携帯電話。二人はここから脱出できるのか?

面白い!!すっごいドキドキもので、何回ものけぞりそうに怖かったですが、うーんよく出来ているな。最後まで誰が犯人なのかわかんないんだよね。これを作ったのは若干26歳のジェームズ・ワンとリー・ワネル。リー・ワネルはアダム役で出演しています。

こういうのみるとやっぱ映画は脚本だよねー。と思ってしまいます。どんなに巨匠といわれる人が作った作品でも面白くないのは面白くない。見た時間返せ!って怒りたくなりますが、無名だろうと面白い映画作れる人いるんだよね。5年もかければいいってもんじゃあないぞ、ウォン・カーウァイ監督。

でもかなーり過激シーン多めなんで、そういうの苦手な人にはオススメできないかも。だって見てるうちに、だんだんと背筋が寒くなってきたもん。ぞくぞくする。(映画館の演出か?)見終わって帰るのが怖かった。誰かと見に行くことをオススメします。
最後に「犯人ジグソウは最前列で見るのが好き」っていうのがすごいヒント。おおお!!そこ一番見えるとこだね!って最後に思うことうけ合いです。さー寒くなりにいってくださいな。びっくりすること間違いなしですぞ!
   
天神コアラ 大分コアラ