コアラシネマ
シネマ予告編 シネ・リーブル博多駅1・2 大分のシネマ 掲示板
シネマコラム シアターサイト リンク
シネマコラム
 
 アップルシード
   
 
 公開当日に行った「アップルシード」。今週末は「キルビル2」も「キャシャーン」だね。「キャシャーン」の映像どんなのか興味津々。だって全部スタジオ撮りで後からCG合成したっていうからすごいんだろうな〜と今から楽しみです!

 さて、「イノセンス(攻殻機動隊)」に続いて士朗正宗原作の「アップルシード」。私は原作のマンガは読んでいないけど、1985年が初版なので、小学生の頃くらいに連載されていたような気がするな。(小学生には難しい漫画と思います…)彼の世界観にはいつも圧倒されますな。

今回は第5次大戦後、地球全域を統一した総合管理局がある人工島オリュンポスへ主人公のデュナンが連行されます。そこに暮らす住民の50%はバイオロイド―感情を制御して造られたクローン人間。戦場とは別世界の光景に安らぎを覚えるデュナン。だがその裏ではヒトとバイオロイドの対立が深刻化し、バイオロイド殲滅を狙うクーデターが計画されていて…。

「イノセンス」はかなり話題になったけど、「アップルシード」はひっそりとでてきて、しかも映像はフルCG!なにかと感情移入できないフルCGですが、これは2Dのジャパニメーションのよさを取り入れつつ新しい映像を生み出しています。「ひとみ」というバイオロイドがでてくるんだけど、瞳の動きがなんかしっとりねっとりしてて、こんなブリブリの女の子っているよね、と思ってしまうくらいよく出来てます。


話的には「「攻殻機動隊」の世界観のが好きですが、映画ではワタシは「アップルシード」のほうが好きだなー。

興味のない方にはどうでもいいレビューですが、おもしろい、変わった映像を見たい方には是非オススメです。日本のアニメまだまだ発展しそうですぞ!
   
天神コアラ 大分コアラ