コアラシネマ
シネマ予告編 シネ・リーブル博多駅1・2 大分のシネマ 掲示板
シネマコラム シアターサイト リンク
シネマコラム
 
 イノセンス
   

 押井守監督の待望の最新作。今深夜テレビでもやっている「攻殻機動隊」もとっても面白いですよ。あの世界観にはいつも驚きの連続です。1995年『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊』という日本より外国で売れたジャパニメーションの続編ですね。

近未来の世界。人々はテクノロジーを駆使して体をサイボーグ化し、脳を電脳化して生活しています。主人公バトーは、体のほとんどをサイボーグ化している刑事。テレビ版とは違ってかなりクールな印象です。電脳の世界に消えてしまった前の相棒、「素子」と愛犬がキーワードかしら。

ある日、少女型の愛玩用ロボットが暴走を起こし、所有者を惨殺する事件が発生。さっそくバトーは、相棒のトグサと共に捜査に向かいます。現実とも夢ともわからないあやふやな世界。犯人を捕らえることが出来るのか?果たして素子には会えるのか?

一言でいうと「難しい」。理解するのにすごく頑張って見た感じです。これを見るときは頭を柔らかく、疲れてないときに見るのをオススメします。これは恋愛映画だね、バトーと素子の。ちょっと切ない気持ちになるかも。あと監督の愛犬に対する愛情が…。映画よりすごい!?まあとにかく頭は柔軟にしてこの世界観を楽しんでくださいな。

   
天神コアラ 大分コアラ