コアラシネマ
シネマ予告編 シネ・リーブル博多駅1・2 大分のシネマ 掲示板
シネマコラム シアターサイト リンク
シネマコラム
 
 インターステラ5555

 あまり期待してなかったけど面白かった! フランスのハウス・ミュージック・バンド(ていうか私はテクノ・サウンド?って思っていたのだけど。最近の洋楽のカテゴリって、よーワカラン私)「ダフト・パンク」の音楽meets松本零士というすごい映画。2001年2月、ダフトパンクのヒット曲『ワン・モア・タイム』のプロモーション・ビデオに松本零士のアニメが使われていて「は? フランス人がどうして松本零士のアニメを?」と驚いたんだけど、フランスでも日本のアニメって人気があるらしい(吹き替えされてオンエアされているらしい)と、このとき知って驚いたものでした。そして続くシングル曲も松本アニメで、しかも、どうもストーリーが続いているっぽかったけど、まさか映画1本出来るほど、アルバムまるごとアニメのストーリーが作られていたとは! 67分、ダフト・パンク流れっぱなし。台詞が一切ナシでストーリーがおおむね分かるって、やっぱ松本零士ってスゴイ人なのね。『銀河鉄道999』で育った世代としては懐かしくて不思議な感覚でした。子供の頃に夢見ていた”未来社会”のアニメに、現代の流行の音楽がのっているんだもの。

ミーハー通信へ
   
天神コアラ 大分コアラ