シネマ予告編 シネテリエ天神 大分のシネマ 掲示板
シネマコラム シアターサイト リンク
シネマコラム
 
 The Fast Runner (Atanarjuat)

 アラスカ、カナダの北部に住む先住民族イヌイット(エスキモー)の伝説を映画化したこの作品は、すでに世界で上映され大反響を呼んだ話題作である。邦題は「氷海の伝説」。

本作品はイヌイット先祖代々語り継がれて来た"アタナグユアト"(足の速い人)の伝説を元に映画化したものである。カナダ北東部にあるイグルーリク島を舞台に、親子四世代にわたる愛、憎悪、そこで暮らす人々の共同社会をリアリティー溢れる描写で描いている。キャスト、スタッフのほとんどがイヌイットで構成されており、世界初のイヌイット語のみで語られているのが特徴だ。

日本でもすでにカナダ大使館主催で公開されたので御覧になられた人も多いかと思われるが、まだ見ていない人は是非DVDかビデオで一度見てみることをおすすめする。冬になると全ての景色が氷で覆われる極寒の世界を、広大なスケールと美しい映像で見せてくれる。キャストのほとんどが無名で、デジタルビデオカメラのみで撮影された映像は、まさにセミ・ドキュメンタリーをみているようなリアルさ。本物のキャストに、本物の衣装、そして、5人の脚本家がイヌイットの長老から実際聞いた"アタナグユアト"伝説を元に練り上げた脚本も完成度が高い。娯楽作品としてではなく、ある種の記録映画を見ているようだった。

映画を見て思った事がある。それは遠い昔、人類がこの地上を2本の足で歩くようになってから、人類はこの映画で描かれたような生活を繰り返していたのかもしれないという事だった。食べ物を食べ、歌や踊りを楽しみ、愛し合い、そして次の世代を育てていくという、現代でも貫かれている人間の営みがこの映画を通してストレートに伝わってくる。間違いなく、最近のハリウッド映画にはない新鮮な驚きと感動がこの作品にはあった。

今回の評価100点満点中、80点
(大きな画面で見ると美しい自然がそのまま客席に伝わってきます。是非、一度御覧下さい)


藤本さんのホームページへ
   
天神コアラ 大分コアラ