コアラシネマ
シネマ予告編 シネ・リーブル博多駅1・2 大分のシネマ 掲示板
シネマコラム シアターサイト リンク
シネマコラム
 
 Spirited Away

 あの日本で記録的な大ヒットしたアニメ、「千と千尋の神隠し」が英語吹き替え版になってアメリカに上陸! デイズニーと、スタジオ・ジブリが組んだ、前作「もののけ姫」に続く、第二弾が「Spirited Away」(千と千尋の神隠し)である。

<STORY>
 今回は物語は省略させていただきます。

<解説>

 現在までのところ、アメリカにおいて、英語吹き替え版「千と千尋の神隠し」(Spirited Away)は、前作「もののけ姫」(Princess Mononoke)よりも高収入を記録している。ただし、総合的に見た場合アメリカの批評家の評価は高いのだが、決してアメリカにおいて大ヒットしているわけではなさそうである。 内容的に和風であり、子供向け作品とあってか、観客のほとんどが子供連れが多いのではないだろうか。
アメリカ人の多くが「アニメは子供がみるもの」という固定観念があるため、日本のアニメに対する認識は「暴力的なものが多すぎる」、「内容が子供によくない」など悪い評価が目立つ場合があるのだが、今回の「千と千尋・・」はそのアメリカ人の評価を変えるのに役立っているのかもしれない。年齢指定も「もののけ姫」の「PG―13」(13才以上指定)から、「PG」指定になっているため、多くのアメリカの親も安心して子供を劇場に連れて行ける事だろう。
あるアメリカの映画批評家の言葉に「2時間を超えるアニメ作品にしては、子供が最後まで真剣に見れる内容」、「千と千尋・・には最近のデイズニーアニメ作品が失っているものがある」と書かれてあったのを覚えているが、確かに、今回の「千と千尋」は多くのアメリカの観客にも見てもらいたい作品である。
最後に、英語吹き替え版と日本のオリジナル版の決定的な違いは、英語版はセリフが説明的になってしまっており、余計なところにセリフが追加されていると感じた。また、「釜じい」などのキャラクターは日本語版でなくては、あの味わい深いキャラクターの性格が出せてないとも感じた。オリジナルはあくまでも、オリジナル版で見た方がいいという結論である。

今回の評価100点満点中、50点。
(英語版の「千尋」の声優はあの、「リング」USA版の「サマラ」役の子役Daveigh Chase だというから驚きである。余談までに)

藤本さんのホームページへ
   
天神コアラ 大分コアラ