ワーナーマイカル福岡東 シネテリエ天神 大分のシネマ 掲示板
シネマコラム シアターサイト リンク
シネマコラム
 
 The Transporter

 香港出身の監督、Cory Yuen とあの「レオン」のリュック・ベッソンが組んだ「The Transporter」は、フランスを舞台にした異色アクションムービーだ。主演に Jason Stathem。

<STORY>
 元特殊部隊員、フランク・マーティン(Jason Stathem)は南フランスで優雅な暮らしをしていた。だが、フランクのもう一つの顔は、「危険なもの」を運ぶ運び屋(トランスポーター)であったのだ。特殊な機能が装備された愛車BMWで、運び屋の仕事をするフランク。彼の仕事上でのルールは3つ、決して約束された条件を変えない事、お互いの名前を聞かない事、決して任された荷物を開けない事である。だが、そんな彼が開けてはいけない荷物を開けてしまった時、フランク最大の危機が訪れるのであった・・・

<解説>

 この映画の宣伝文句は「あの"レオン"のリュック・ベッソンが再び贈る」だと思うが、決して、「レオン」を意識して見てはいけない映画である。確かに、この「The Transporter」は「レオン」に似ている部分もある。しかし、作品のクオリティーは比べ物にならないくらいに低いのである。これは監督の手腕によるものが多分にあると考えられるが、「The Transporter」は香港アクションムービーに近いものがあると思う。事実、扱っているテーマは深いものがあるのだが、ストーリーの展開、音楽の使い方、どれをとっても、レベルは低いとしか言いようがない。台湾出身の女優 Shu Qi (「ゴージャス」等)の演技もイマイチだし、悪役、その脇を固める役者もイマイチである。ただし、元オリンピックの飛び込みの選手でもある、主人公フランク役のJason Stathem は今後の活躍が期待できる役者である。また、劇中に見せるアクションシーンも笑えるのが多いのだが、アイデアは悪くないと感じた。
フランスを舞台にした、異色アクション映画「The Transporter」は、全体的に大味ながら、フランス・アクション映画「Taxi」等が好きな人にはたまらないものがあるのかもしれない。


今回の評価100点満点中、30点。
(宣伝に騙されて思わず見に行ってしまいました・・・もう少しどうにかならなかったものかと思えるくらい、残念な内容になっています。アクション映画ファンのみ、劇場でどうぞ)

藤本さんのホームページへ
   
天神コアラ 大分コアラ