ワーナーマイカル福岡東 シネテリエ天神 大分のシネマ 掲示板
シネマコラム シアターサイト リンク
シネマコラム
 
 One Hour Photo

 ロビン・ウイリアムス主演最新作「One Hour Photo」は、ごく普通の写真屋で働く男を通して描かれるサスペンス・スリラー映画である。監督に「R.E.M」「マドンナ」 といったミュージックビデオを手がけたマーク・ロマネク。

<STORY>
 サイ・パリッシュ(ロビン・ウイリアムス)はスーパーマーケット内の写真屋で働いていた。スピード現像(One Hour Photo)が売りのその写真屋では、サイはベテランであった。そのサイのお気に入りのお客がヨーキン・ファミリーである。美しい母親に可愛い息子、そしてハンサムな父親。孤独なサイにとっては理想的な家族だった。理想的な家族への憧れが異常に強いサイは、ヨーキン・ファミリーへ近づこうとするのであったが・・・

<解説>
 この映画は単なる「ストーカー」映画ではない。非常に重いテーマを扱った映画である。そのテーマを理解するには、この映画を最後まで見ないと分からない仕組みになっている。言うまでもなく、ロビン・ウイリアムスの演技は素晴らしいの一言。どこにでもあるスピード写真屋を舞台に、他人の知られざる日常生活を描く今回の作品は、鑑 賞後の観客に深く重い何かを残していく事だろう。その影響か、全米では収入ランキングトップテン圏外だったこの映画が、いきなりの3位に入っているから驚きである。肝心な物語の展開がうまくかみ合っていないのが残念だが、一つ一つ丁寧に撮られたシーンは必見である。最後まで見て、ロビン演じる「サイ」と言う男は本当に悪意を持った異常者なのか?それとも孤独で気の毒な男なのか?アッと驚く最後の結末までじっくりご
覧ください。

今回の評価100点満点中、80点。
(世界に誇る日本のアニメの影響が、この映画でも少し見られます。お楽しみに)

藤本さんのホームページへ

   
天神コアラ 大分コアラ